人気ブログランキング |

chocoholicで traveloholicで alcoholicなわたしの日常
by ayanoooo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ:interior( 11 )
1人暮らしをしていると、なんとなくシーンとしている部屋もイヤなもの。東京だったら、テレビをつけっぱなしにしておくとか出来るのですが、こっちのいわゆる民報はけたたましいモノが多い上、CNNは同じニュースを繰り返しやってるだけなのでつまらん、っていうことで、ラジオに依存しております(笑)。私が好きなのはLite FMというイージーリスニングな曲をひたすら有線のように流しているという局。ユーザー登録すれば、日本でもインターネット経由で聞けますよん。

最初は部屋に備え付けであったフツーのCDプレーヤーで聞いていたのですが、先日、コンランショップで、私が以前にTIME&STYLEで見て「欲しいーー!」と思っていたTIVOLI Radioが日本の約半額で売られているのを発見してしまい、迷わず購入してしまいました~。(コレ、間違いなくpuaさん&puaさんのダンナさんのツボだと思いまする~♪)
b0066329_574999.jpg
見かけはクラシックなのですが、割と最近(2000年だったかな?)出来た商品。幅20センチぐらいで小型にもかかわらず、音もヒジョーにクリア。前にBoseのウェーブラジオに興味があった時もあったのですが、ビジュアルではこちらの方が比べ物にならないほど私好み~。

問題は、これはアメリカ仕様だということ。日本で売っているモノはちゃんと日本仕様になっており、違うのは、チューナーの目盛の部分。写真だとちとわかりにくいのですが、スタートの数字が88になっております(爆)!っつーことは、エイティワンポイントスリ~J-Wave~♪が聞けないのーー??

日本に持ち帰り、マトモにFM局が受信できなかった場合は、AMに切り替え、臨場感あふれるニッポン放送「ショウアップナイター」でも、枝豆でもつまみながら拝聴することにいたします~(爆)。
by ayanoooo | 2005-06-24 23:59 | interior
このアパートに入居して2週間ちょいたちました。いわゆるサービスアパートメントというやつなので、基本的なモノは全部そろっているのですが、足りなかったモノ・・・・それは時計でございます。

朝寝坊の私は、朝の1分たりとも無駄に出来ないっていうことで、壁掛け時計は必須!!こっちの朝のテレビは左上に時間を出してくれないしぃ・・・(日本人ってほっんと親切)。というわけで、せっかくなら日本に帰っても使えるものということで、以前からダンナと欲しいねェと言っていたコレを買いにMeat Packing DistrictのVitraのショールームへ参りました。
b0066329_1394952.jpg
どこかで見たことありますねー(笑)。そう、左上のイメージの写真のサンバーストクロック!ホントはイメージと同じマルチカラーがかわいかったのですが、うちのダイニングのボールクロックがマルチなので、赤に決定!当然こっちで買う方が安いに決まってると思ったのに、なーんとhh styleの方が安かった。ガーン・・・・(涙)。

ところが、買ったはいいものの、部屋のどこを探しても掛ける場所がないのですねェ、これが。なーんか、クギ穴を開けちゃいけなさそーな感じだし、仕方ないので、とりあえずテレビの上に立てかけておいてあります。しかし、これが不安定のなんの・・・・。ちょっと気がつくと、15度左右にどちらかに傾いていて「一体・・・何時?」って体まで傾いてる自分が(爆)!

両面テープでもなんだかなァ、だし、でも朝の忙しい時間に、左右に首をかしげながら時計を見るのも超不便だし・・・・、大体、何時だかよくわからないなんて、時計として使いモノにならぬ~(汗)。早急に対策が必要なのでありました・・・・。
by ayanoooo | 2005-05-24 23:40 | interior
月に20~30冊ペースで雑誌を買うほどの雑誌マニアな私の悩みは、すぐ、リビングに雑誌が散乱してしまうこと(させてしまうこと?)。そのために、引越し当初から、ずーっと、マガジンラックを探していたのですが、なかなか気に入ったモノにありつけずにおりました。

土曜日に「元旦」で飲みまくって、すっかりハイになっていた我々が、散歩がてらのぞいてみたのは、私の好きな雑貨屋のGraphio(これ、ちょっと情報が古い・・・。今は移転ズミです)。

すると、入口のあたりで、うちのスピーカーと、同じ木調のデーマーク産マガジンラックを発見!!聞いてみると、どうやらレコード入れらしいのですが、仕切りがたーくさんあって、なかなかよさそうじゃー、と思ってしまった我々は、酔っ払って思考力が低下しているのをいいことに、後先考えず、即、レジへ

しかも、これがけっこう重たいシロモノだったのですが、梱包も「面倒くさいからけっこうです」とか言って、それごと担いでタクシーにGO!家に帰って、いいじゃーん、いいじゃーん♪ と超ゴキゲン状態で、そのまま寝床についたまではよかった・・・・。

翌朝、朝寝坊をして起きて、リビングに放置(?)されたそれを見てギョッとした私・・・・。
ダンナと2人して開口一番に「デカっ!!」っていうのが感想で(爆)!昨日の夜、気付いとけよ~ってなカンジですが・・・・(汗)。

先月も、部屋の割には大きいオットマンを買ってしまったばっかりで、そこそこリビングが広いのが自慢の我が家も、これじゃー段々と足の踏み場がなくなってくるっつーもんで・・・(涙)。

とりあえず、ソファの隣においてみましたが、ソファのサイズに比してもデカすぎ・・・。もっとも、大きいおかげで雑誌がバンバン入る容量なので、今度は、雑誌の買いすぎが危険でございます・・・。

b0066329_2383251.jpg

by ayanoooo | 2005-04-24 23:16 | interior
家で使っていたマグカップを欠いてしまったので、ここのところ新しいモノを物色していた私。お茶飲みの私は中身がたっぷり入るモノが好きで、いくつか検討して買ったのがこちらの2種。両方ともロイヤルコペンハーゲンのものでーす。

b0066329_1922621.jpg1つ目がOLEというシリーズのもの。大きさは3種で、一番大きいモノを購入。取っ手のくぼみに親指がおさまるので非常に持ちやすいのがグッドでございます。カフェオレ用とかそんな感じ?


b0066329_1925217.jpg2つ目がブルーフルーテッドメガのカップ。取っ手がないお茶碗状のものですが、二重構造になっているので、つかんでも熱くないし、中身が冷めにくいというもの。こちらも3種類の大きさので一番大きいの。ホントはMでよかったんですけど、Mの方はなんだか柄の取り方がイマイチだったのでこちらにしました。このシリーズのものはどれもモダンで素敵と私は思うのですが、うちの母いわく「なーんか、ゆかたの柄みたいでイヤねぇ」って・・・(笑)。

私は家にいると、一日中ほうじ茶をぐびぐび飲んでいるのですが、正直、飲みたくなるたびにお茶を入れるのが面倒くさ~い(爆)!あとは、お茶を1.5リットルぐらい入れておけるやかんサイズぐらいのティーポットが欲しいのですが、なかなかお気に召すものに巡りあえず・・・。全然合わないけど、しばらく大容量の土瓶ででもガマンのことといたします~。(だったらマグカップじゃなくて茶碗にしろって!?)
by ayanoooo | 2005-03-04 23:00 | interior
私が住んでいるのはマンションの1階なのですが、マンションの1階は湿気が出やすいという定説に反し、家の中はカラッカラに乾いております。特にこの時期はホントにひどい。どのくらい乾燥しているかというと、肉まんを食べるためにお皿に入れたしょうゆが(肉まんにしょうゆつけるのって私だけ?)、2時間もするとお皿の中で乾いて、中の塩分が四角く結晶化してるという状態になるぐらい(笑)

というわけで、この時期、うちでは加湿器は欠かせないものとなっております。特に夜中!!お肌やノドの乾燥対策には必需品ですよね。現在フル稼働しているのはこの2台。

b0066329_13525063.jpgb0066329_13534774.jpg
左は、ご存じKAZとノド飴メーカーVICKSとのコラボで生まれた加湿器。お値段も5000円程度と手頃です。これ専用のリフレッシュ液というのが必ず一緒に売られていて、それを入れると、ペパーミントの香りが部屋中に広がってノドや咳にもいいらしい。うーん、さすがVICKSというところなんですが、このリフレッシュ液というのが非常にオイリーな代物で、毎日の加湿器のお掃除がとても大変。私はナシで使っております。
これの特徴は、水と共にを3つまみほど入れるということ。それでないと、蒸気がふんだんに出てこないんですね~。沸点を上げるためなんでしょうか。間違って塩を入れすぎてしまうと、お湯が噴き出して来ちゃうし、入れすぎないと蒸気の量が足りないし、で塩の加減がちょっと難しいです。ただ、水が2リットル以上入るので、持ちはいいですよ~。一晩ギリギリもちます。

右は、今年±0ショップで買った加湿器。深澤直人デザインで有名なあれです。これもKAZのに負けじと入る水の容量が多く、しかも、塩を入れずとも、モクモク・・・と大量の蒸気が出て参ります。つるんとしているフォルムも美しい。色も確か5色あって、オブジェとしてもそれなりの存在感があります。
これの欠点はモーター音がうるさいということ!ウィ~~~ンとものすごい音がして、段々と静かにはなって行くのですが、最初は壊れてる??って思ったほど。もっとも、リビング用にビジュアル重視で買ったものなので、機能は、正直あまり重要ではなかったのですが。

では、毎日KAZのを寝室で使っているのかと言うと、実は逆。確かにKAZの方が静かですし、蒸気も長く持つし、キメ細かいのですが、もう1つの特徴として、KAZのはスチーム式とうたっている通り、蒸気がとっても熱いのです。よって、朝起きると、室内がほとんど温室状態になってしまい、空気がこもっているようにムンって感じがしてちょっと息苦しい。蒸気の温度が室温を凌駕してしまっているのですね(笑)。ドアの隙間は少し開けてあるんですが・・・。その点、気化式の±0の方が蒸気がぬるいので、うまく室温に溶け込んで、目覚めが穏やかな気がします。

そう、ポイントは、スチーム式気化式かという違いなのですね。スチーム式は水を沸騰させて蒸気を放出するのに対し、気化式のは部屋の空気を加湿器に取り込んで、湿度を含ませてから再び外気に送り出すというシステム。ほーっ、勉強になりました。

要するに、私に必要なのは、容量が多い気化式ってやつなのですなあ。さすが、加湿器専門メーカーとあってKAZからちゃんと販売されておりますので、次回はそれをゲットしたいと思っております。って一体、家にいくつ加湿器必要なんだ~ッ、って方々から突っ込みが入りそうですけどねェ(笑) 皆様も、次回加湿器をご購入される際には、是非参考にされてくださいましー。
by ayanoooo | 2005-01-20 13:57 | interior
ダンナも私も1人暮らしが長かったので、結婚する時も、いわゆる家庭雑貨というモノを何も買わずに済んだ私たち。特に、2人して台所用品をやたらとたくさん持っていたので、鍋やお皿がところ狭しと並んでおります。そんな中、唯一揃える必要があったのがカトラリー類。毎日使うものですし、そうそう買い換える機会のあるものではないので、何を買おうか、かなり長いこと悩んでおりました。

ある時、全日空のClub ANAで使用したツヤ消しのタイプのものが、とても使いやすかった上、自分が持っているプレーンなお皿や和食器に合いそうだったので、一目ボレしてしまった私。早速、全日空の購買担当に問い合わせてみたところ、一般販売はしていないというツレナイお答え(ま、当たり前か)。自分が使った分ぐらいは、CAのお姉様にお願いすればいただけるらしいんですけど(って知ってました?)、さすがにClub ANAにそう頻繁に乗るわけでもないですしねぇ(笑)。

それ以降、似たものを探すこと約3ヶ月。ようやく落ち着いたのが、このiittalaのcitterio98というシリーズでございます。注文しておいたのが、このたびドッカーンと配達されて参りました。うひひ。
b0066329_1229562.jpg
早速、使ってみると、使いやすいんですけど、なんか金気が残っているというか、ケーキのアルミフォイルを切れっぱしを間違って口の中に入れちゃったような感覚。ホームページをよーく読むと、こういうステンレスものって、最初はお酢で洗う必要があるんだそうです。知らなかったー。というわけで、例によって面倒くさいんで、とりあえず放置!食器洗い機に突っこんで、お酢をドボドボ投入するってのじゃダメかなー、と不謹慎(?)なことばかりを考えております。
by ayanoooo | 2005-01-17 12:30 | interior
新居に住みだしてから、ようやく10日ほどたちました。が、新しい家って慣れないものですねえ。まだ、モノの置き場所というのが定まっていないので、毎日のように、カギがない、時計がない、財布がない・・・と、家の中を右往左往している日々が続いております。

慣れていなくて、実は一番使い勝手が悪いのが、キッチンです。
ダンナも私も料理好きなので、マンションをリノベーションする際にとにかく、キッチンだけは、設備にお金をかけ、同時に作業をしてもお互い邪魔にならないように、広さもかなり取ったのですが、今のところ、ガス台の機能(これが死ぬほど細かい。さすが松下・・・・)も全く使いこなせていない上、広さも完全に持て余してしまっております。まあ、ちゃんと1からトリセツをよめばいいんですけど、不精な私には、それもめんどくせ~。

b0066329_13365486.jpgキッチンはいわゆる、アイランド型というやつですが、なんと、アイランドが3メートル以上あります。この話をすると、大抵の人に「いいなー、広くって!」って言われるのですが、これが実に不便・・・(爆)。

まず、調理台と、流しの距離がかなり遠いのです。
たとえば、鍋のアク取りをするとき、今までのキッチンでは、取ったアクを、そのまま流しに流していたのですが(普通は、ボウルか何かに水をはっておいておくのでしょうが、洗い物が増えるので、これもめんどっちー)、今度は、1メートル以上の間隔があります。よって、おたまの下に何か「受け」を探さなくてはいけない・・・。でもわざわざ新しいお皿をそのために使うのも・・・って思って、大体は鍋ぶたで済ましてしまったり。おそらく、床にシミをつけてしまうのも、もう時間の問題ではないかと思います。

おまけに、広いアイランドと言っても、流しから遠ざかれば遠ざかるほど、単なるモノをおく場所と化している・・・。今は郵便物などが山積みになっております。せっかく設計屋さんも、いろいろと考えてくれて設計をしてくれたのであろうに、やはり使う人間がそれに伴っていないと、宝の持ち腐れになってしまいそうです。まるで、一昔前に、「ぶらさがり健康器」に洗濯物を干してしまった人のようじゃ(笑)。

一方で、唯一、便利じゃーん、と思えるのは、オープン式の棚です。洗い終わった食器を食器洗い機からしまうのも面倒な私は、以前は洗い終えた食器を、食器洗い機からそのまま次の食事に使っていたのですが、今は、食器洗い機のすぐ前に棚があるので、今のところは洗い終えた食器を、ちゃんと棚に並べるという行為は出来ております。これが、扉付きの棚だと、

①食器洗い機から食器を取り出す
②棚の扉を開ける
③食器をしまう
④扉を閉める

と、扉の開け閉めという2アクションも増えてしまう。その点、置くだけでよいというオープン式の棚は、不精な私は最適っす~。
もっとも、オープンであるゆえ、ほこりなどが気になってしまうのでしょうが、今のところはふきんをかけておくことでそれを解決しております。それに、よく使う食器は当然ながらほこりをかぶらないので(笑)。

1人暮らしをしていたくせに、食器の数が異常に多い私。これから積もって行くであろうほこりの量で、リストラしなくてはならない食器を、決めていくということになりそうです(笑)

なんか、キッチンの話のはずだったのに、いかに私が面倒くさがりやな性格かっていう話になってしまったような・・・。ホントは、そっちを解決すれば、すべての問題も解決されるのかもしれませんねぇー。ワッハッハ~(爆)。
by ayanoooo | 2004-12-07 23:37 | interior
週末、ようやく待ちに待った、おうちの引渡しを受けましたー。るるるん♪

が、最後の最後に、ダイニングに付いたペンダントライトを見て、ガーン・・・・


b0066329_1553364.jpg



うおー、なんじゃこりゃー!!!

確かに、「丸いボール型のペンダントライトを3つ付けてね」ってお願いしましたが、こんなデカイの&低い位置にとは・・・・。
(写真じゃ、わかりにくくて、スミマセン。ホント、写真下手なんです、私)

それに、大きさと、高さは、まかせてくれって胸を張って言ってたじゃーん!
設計屋さんよ・・・。おーい。

3つのボールの残像が、おでこのあたりでチカチカとしております。
ああ、夢に出て来そう・・・。

とりあえず、ダイニングテーブルが搬入されてから、調整っていうことに
しましたが、前途多難ぢゃ、こりゃ。

すでに、3回ほど、ヘディングしてしまっております。割れるのも時間の問題?
ダンナさんの、glo-ballのことも文句言えないかもー(笑)
by ayanoooo | 2004-11-29 17:53 | interior
b0066329_20572044.jpg来たーっ!やっと来たーーーーっっっ!!
2ちゃんねる的に表現すれば、まさに

キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

・・・・かなり興奮してマス。

アマンガニのお部屋においてあって、一目ボレしたこのdwellという雑誌。
その場でインターネットを立ち上げてsubscriptionの手続きをしたら、速攻(!!)で1年分の金額が、カードから引き落とされていたのに8月以降、3ヶ月も経過したのになーーーんの音沙汰もなく、そろそろinquiryのメールを送りつけよう、思っていたところに、よーやくやってきました!!
忘れられてはいなかったのね・・・・

簡単に言うと、インテリアの雑誌なのですが、Eichlerや、
Koenigなど、50年代系のアメリカ住宅が好きな私には、まさに
スタイルがピンポイントで好みに合致してるのです。モダンだけれど、
コンテンポラリーすぎず、かと言って、バリバリのミッドセンチュリー
モダンよりは、現代の生活に則しているという微妙なテイストがよし!

でも、これってアメリカの、ひろーくて、天井のたかーいおうち
だからサマになろうっていうものだけど、東京ではなかなかねえ・・・。
とりあえずは、ながめてため息をついて終わりになりそうでっす。

ちなみに、今、「ひとつだけ欲しいものが手に入るとしたら?」
と問いかけられれば、ニワトリと卵のような2つの答えがありマス。
(ひとつだけ、って言ってるじゃん・・・って?)

それは、Koenig巨匠のCase Study House #22と、そこに住むための
アメリカのグリーンカード。でも、グリーンカードはなくても住めるけど、
イチイチ3ヶ月ごとに日本に帰るのは面倒くさいしー、あっちで、
働かないと生活できないしー、と、ありえない話で、頭を悩ませてる、
おめでたい私なのでした。
by ayanoooo | 2004-11-17 11:46 | interior
ようやく引越しの荷物も少しづつ片付いてまいりました。
そんなときに、事件が・・・・!

b0066329_20391776.jpg


我が家のリビングには、スタンド式の照明があるのですが、置く位置を変えようと、そのスタンドをずりずりと運んできたうちのダンナ。私が前からどうしても欲しくって、結婚のお祝いにってお客さんからいただいた、Jasper Morrisonのglo-ballです。

その時、目の前で

「ガッシャーーーン!!!」

と、ハデな音が・・・。

な~んと、そのballの部分が梁にぶつかって、粉々に砕け散ってしまったでは!!
その一瞬がまるで、スローモーションのよう見えてしまいました。

えええええーー???この間組み立てたばっかりだったのにいィ・・・!!(怒) 
信じらんなーい!!

ballは見るも無残に、欠けたお月さまのようです。

あわててCassinaにかけこみ、ガラス部分を注文。
このモノ要りの時期に、それだけで4万円だって~~~(涙)

しばらく、ショックで寝込んでもいいですか?
by ayanoooo | 2004-11-05 20:51 | interior