人気ブログランキング |

chocoholicで traveloholicで alcoholicなわたしの日常
by ayanoooo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ:gourmet( 40 )
前回のはこちら!!(なんか、概ね今年のと変わらないかも・・・・)
b0066329_19274373.jpg
時間がないので詳しい説明はまたそのうち~(笑)。これから友達が来て朝まで宴会ですが、なにせ質より量な人々オンパレードなので、たぶん2時間ぐらいでカラになることでしょう(爆)!

えーと、今年年始のこちらの企画に引き続き、新年はトニックウォーターではなく「
ジン飲み比べ企画(爆)」を開催いたしまする~(笑)。お楽しみにっ!

では、これから死亡するまで飲むこと必至!みなさまよいお年を~~!!
by ayanoooo | 2005-12-31 19:35 | gourmet
ここんとこ、くいもんネタばっかですみませぬ(汗)。
ところで、ましさんといえば焼肉ですが、何をかくそう、実は焼鳥フリークのあたくし(笑)。(そういえば、ダンナとの初デートも焼鳥でしたっけ・・・(爆))いっそのこと「焼鳥至上主義」っつーカテゴリでもつくっちゃおうかしらん(笑)。それはさておき、本日、5年越しの念願がかない、浅草の萬鳥まで足を運んでまいりました~。

ここは、浅草のラ・シェーブルというフランス料理店がやっている焼鳥店。もちろんオーソドックスな焼鳥メニューもありますが、こちらの得意とするのがフランス料理の材料として使ううずらや鴨などのジビエ類と、フランスから空輸されてくるというブレス鶏!(写真大きめでっす)
b0066329_064554.jpg
このブレス鶏ってのが、鶏の味が濃ゆ~~く、皮はパリッとしていて、うんんんま~~~い♪♪♪のであります。かなりしっかりと塩がしてあるので、人によって味の好みはあるかもしれませんが、あたくしのような酒飲みにはちょうどよい塩加減。ちゃんとお酒が進むように計算されているのですな。オホホ、お店の思うツボだわ(笑)。ワインの種類も100種以上でどれもボトルはせいぜい3000円とか!本日は、ギネス→ジントニック→グラスワイン2杯と進み、〆にデザートのプリンも食べて5000円ちょいでしたー。CP高すぎっ!!

ここの最寄駅は銀座線の田原町。浅草って確かに気分的に遠いのですが、空き空きの銀座線は必ず座れる上になんと言っても好都合なのが、私は終点の渋谷での乗換えなので、仮に酔っぱらって地下鉄の中で爆睡こいてしまっても渋谷駅で起こしてもらえること(爆)!以前住んでいた小田急線沿線のように、寝過ごして、神奈川の最果てまで行ってしまう心配がないっつーことが、飲むお酒の量にさらに拍車をかけてしまう(?)のでございました~。
by ayanoooo | 2005-11-18 23:35 | gourmet
わたくしインドカレーって大好物なのですが、ハッキリ言って玉ネギがアメ色になるまで、ヘトヘトになりながら炒めるのが面倒~って人(笑)。なので、好きなのにめったに家ではつくりませぬ(中村屋に食べに行った方が早いです(爆))。そんな中、川津幸子さんの100文字レシピという本で紹介されていた「印度の味」カレーペーストなるものをたまたま家の近所のスーパーで発見~!早速購入してチキンカレーをつくってみましたぞい。

b0066329_21453290.jpg作り方は超簡単。鶏肉を炒めて、「印度の味」と水を投入し煮込むだけであっちゅー間に本格カレーが出来るという優れモノ。棚の中をゴソゴソしてみたらSwansonのチキンブロス(これも手抜き料理にはなにかと便利っす)の買いおきがあったので、水の代わりにこちらを投入。20分ほど煮込み、最後にガラムマサラ、チャツネ、生クリームを入れてみたら、うぉぉぉ~、とても下ごしらえ5分(鶏肉を切って塩コショウしただけ)とは思えない、辛くて甘くてマイルドな深~い味わいのカレーがそこに!!!

インスタントのカレーというものを今までバカにしていたわたくしでございますが、こちらの味を知ってしまった以上、いまさら玉ネギを一から炒めることなど到底、ムリというもの(爆)。同じシリーズの「日本の味」「四川の味」とあわせて、兼業主婦の友達へのお歳暮なんかにひとつ、いかがでしょうか~??
by ayanoooo | 2005-11-13 21:50 | gourmet
10月から東京勤務になられたこちらの方と一緒に、中目黒の豚鍋研究室というディープな飲み屋に行ってまいりました~。東横線の高架下にあるこの店。アヤシゲなアルミの扉に、7~8ミリ幅のテプラでジミに「豚鍋研究室」と貼ってある以外は看板ナシ。間違いなくたどり着くためにはゼンリンの住宅地図は必須でーす(笑)。

中目黒の豚鍋と言えば元旦。元旦でよい具合に期待を裏切られたにせよ、相変わらず大して鍋モノには興味をそそられない私でしたが、ここのお店もこれまた大ヒットでございましたっ!!まず、突き出しのサラダからして、ドレッシングが激ウマ!!あたくし好みにイイ感じでニンニクが効いてて、いくらでもおなかに入ってしまい、突出しなのに、思わず「おかわり!」って言いそうにナリ(爆)。特にオススメなのは野菜もの。蒸しキャベツや焼きナスなど、こう、どうっていうことないメニューがいちいちうまいのでありますーー。

b0066329_2237225.jpg肝心の豚鍋(またも写真ボケボケですみませぬ)は、白濁したとんこつ系のダシに豚肉、キャベツ、ネギ、ニラのみ。これにフツーにお醤油をかけて食べるのですが、オソロシイことに一人前なんてすぐにペロリ!んで腹いっぱいになったらシメは五穀米か中華麺。炭水化物は別腹です、私の場合(爆)。

①中目黒、②豚鍋、③野菜料理がうまい、④メニューに値段が載っていない、⑤場所がわかりにくいなど、ことごとくコンセプトが「元旦」に似ていますが、ここは内装が板の間な上(おしりが痛いのが難点)、頭上では東横線のゴォォォォォーーーッ!!!っていう音がするなど、環境は至ってカジュアル(過ぎ?)。元旦がデート向きなのに対し、ここは女の子同士や会社の同僚など、全く「気を遣わなくてすむ」ような人と来るのが正解~♪客単価もたらふく飲んで6000円ぐらいなので、忘年会シーズンに向けて、知っておくとちょいとエバれるお店です。但し、あまり大人数で行くと、遠くの人としゃべろうとしてもお互いの声が聞こえないので、シャウトしすぎで声がかれてしまうかも?二次会がカラオケの場合は要注意です(笑)。
by ayanoooo | 2005-11-08 21:51 | gourmet
久しぶりに歯医者に行って参りました~。私は大人になっても注射と歯医者が大キライで、歯医者のあとには「自分へのごほうび」じゃー、ということでおやつを買います(爆)。そこで、歯医者から歩いて帰ってくる途中に、必ず立ち寄るのがヒルサイドパントリー。お目当てはもっちろん、お店の看板商品である天然酵母クロワッサンでーす!!
b0066329_12495269.jpg
クロワッサンって、こってりしすぎているやつが多いので、そんなに自分から買うパンの種類ではなかったのですが、こちらに遭遇してからというものの、外のパリパリ(っていうよりバリバリッ!ってカンジ?)感と、中のムッチムチ感にあたくしノックアウトされてしまいました~。バターも発酵バターを使っているので、オーブンで暖めるとキッチン中にポワ~ンといい香りがっ!!冷凍もしておけるので、パン好きな友達のおみやげにはもってこいでーす(笑)。クロワッサンの割には、生地がみっしりとしているので、1つで食べ応え十分ナリ。
b0066329_1250495.jpg
ちなみに同じ生地を使った、アップルデニッシュもうまうまで~。両方ともあまりにrichでカロリー過多なパンなので、買いに行くのは歯医者に行った後だけって決めているのですが、このたび虫歯が2本も発見されてしまい、しばらく歯医者通いを余儀なくされてしまった今、毎週これを食べられるかと思うと、しばらくはムフフフ~♪でございます(爆)。余計に虫歯が増えちまうって話ですけど・・・。
by ayanoooo | 2005-11-03 12:50 | gourmet
b0066329_439293.jpg何をかくそう、ヨーグルト好きな私。朝、会社に行く前に食べて出かけると、お通じがとても快調というモノなのですが、いかんせん、こっちのヨーグルトは味がイマイチなモノが多く・・・(涙)。うちの両親はNYに来てもカスピ海ヨーグルトを毎日しこしこと育てているのですが(ちなみにこれは父上のお仕事)、私はどうもあの粘り気がダメで・・・。なーんて話を、同じ研修プログラムに参加しているプラハからの女の子としていたら、彼女が「ギリシャのヨーグルトがおいしいよ!」って教えてくれて、早速買ってみたのが、このFAGEというブランドのヨーグルト。

ギリシャのヨーグルト??って一体何が違うんだろう・・・と思いきや、スプーンですくっただけでその違いがわかるほど濃厚~な感じ。
b0066329_4391993.jpgものすごーく固く泡立てたホイップクリームぐらいの固さがあります。ハチミツとミューズリーをかけて食べてみたら、超こってり、クリーミーでうま~~~い♪♪朝っぱらから夕食後のデザートを食べてる感覚になれます。ぐふっ(笑)。それでいてカロリーは、普通のヨーグルトに比べても低め。
b0066329_4413637.jpg「んなもん、どーせ日本じゃ手に入らんわい」という方に、これに近い食べ方を伝授いたしませう(笑)。まず、ザルを用意し、そこにペーパータオルを敷きます。次に、普通の市販のヨーグルト(ブルガリアとかそんなやつ)を、ザルに開け、ラップをし、下にボウルか何かを受けて一晩冷蔵庫で寝かせるだけ。そうすると、ヨーグルトの水分(乳清というらしい)だけが抜けて、こってりクリームチーズ状のヨーグルトになります。あとは、フルーツを乗せるなり、ジャムをかけるなり。そのまま食べるとちょっと酸味が強いので、何か足した方が味はおいしいでーす(笑)。

ヨーグルト+毎日の往復の徒歩通勤だけで、お腹の調子がとってもよい私。以来、同僚たちにも「FAGEの回しモノ」のように、あちらこちらで勧めまくっているのでありましたー。ハワイでも手に入ると思いますので、今後行かれるご予定のある方、是非、お試しアレ!

-----------------------------------
<追記>

日本でも売ってないのかなーと思って「FAGE、ヨーグルト」でぐぐってみたら、
なーんと敬愛するpinky姐さんのブログにも載ってるではありませんか~!!!!
も~、pinkyさーん、こんなウマイもの早く教えてよ~(笑)。って読んでない私が悪いって(笑)!そこからのTBがすごいので、ご覧になってくださいましー。
ちなみに、日本じゃ手に入らないらしいです・・・・・。残念・・・!!
「日本持ちこみ作戦!」とか「FAGEに似たヨーグルトをつくってみる!」とかの記事がまじで笑える!
by ayanoooo | 2005-07-02 23:35 | gourmet
さて、NYに到着して早くも一ヶ月半。東京に一人残されたダンナは、私がいない間に、いろいろと飲み歩きをしている様子です。中でも先日のBar Linは特にお気に入りのお店らしく、週末毎に通っているそうなのですが、そこのバーテンさんに勧められていたく気に入ったとコーフン気味に報告があったのが、自家製のパイナップルウォッカなるもの。要はウォッカにパイナップルを漬けたモノなのですが飲むのが止まらないほどウマウマらしく、そんなうまいお酒をダンナの専売特許にしておくわけにはイカン(!)と、早速、こちらでもパイナップルを購入して、漬けてみましたーー!!

b0066329_962778.jpg作り方はカンタン。ビンの中に生のパイナップルを薄切りしたものとウォッカをドボドボと注いで、一週間待つのみ。パイナップルはビンいっぱいにギッシリというのがポイントだそう(ちょっと足りませんでしたの)。砂糖も何も入れないっていうことだったので、単にウォッカにパイナップルの香りが移るだけなんだと思っていたのですが、パイナップルの自然な甘みがウォッカに移っていて、まろやか~な感じ。ロックにしても、ほとんどパイナップルジュース状態でぐびぐびと飲めてしまい、ウォッカがアルコール度数40%のお酒であるということをすっかり忘れてしまいそうなほど、口当たりがよい~!あー、こんな危険な飲み物を知ってしまった私って・・・・(汗)。

しかーし、なにせ原材料はウォッカのストレート!当然ながら、ロックで3杯も飲んでしまうとソファーの上で昇天~~(笑)。あたしゃ、一体一人でNYでなーにしてるのやら、って最近ちょっと自戒気味でございます。

追伸:ちなみに、漬けた後のパイナップルは出がらし状態。食べてもあんまりおいしくないナリ。
by ayanoooo | 2005-06-19 23:03 | gourmet
ヤボ用で、超久しぶりに玉川高島屋に参りました。高校時代にドッグウッドプラザのケーキ屋(今は亡きDepot39。自由が丘店もついに先日なくなっちゃいましたー)でアルバイトをしていたことがある私。その頃から休日の混み具合といっては尋常なモノではなく、特に高島屋のセール時のバイト先のお店の忙しさは、涙なくしては語れないほどなので、その頃の思い出が今でもトラウマとなっており(大げさ?)、休みの日の玉川高島屋をとかく、忌み嫌っております。本日もなるべく人ごみを避けるために、夕方から出没。

さっさと用事を済ませ、夕食には鼎泰豊で小籠包を。食べ終わったあと、ダンナがデパートの中にバーがあるよー、と目ざとく案内を見つけてきたので、とりあえず1杯飲んで帰ることにいたしました。そんなに期待もせずに行った「Bar Lin」というお店でしたが、まず、そのロケーションにびっくりー。普通のレストランフロアの奥の方にでもあるのかと思いきや、7階の空中庭園の中にある独立店舗となっております。うーん、すっごい穴場
b0066329_3185612.jpg
こじんまりとしたお店で、しかもオープンエア状態になっているのが、ものすごーい気持ちよくって、夜風にさらされながらお酒を飲むのが大好きな我々には、これ以上ないっていうシチュエーション。さらに特筆すべきなのは、カクテルのおいしさでございます。私はソルティドッグをお願いしたのですが、グレープフルーツをその場で絞ってくれる上にベースのウォッカはなーんとBelvedere(これはたまたま?)!初めて入るバーでは必ずソルティドッグを頼む私ですが、私の中ではベスト2(もう一軒の上原のカエサリオンと甲乙つけがたく)に入るうまさで、これまたびっくりびっくり。先日の元旦に引続き、ダンナやるじゃーん(笑)、ってな感じでうれしい誤算でございました。

閉店は他のお店と同様に23:00なのでちょっと早いのが難ですが、逆に開店も早く、15:00から飲めます(笑)。このお店のおかげで、少しは、私の休日の玉高アレルギーも解消されるかなーというもの。オトナになると、楽しいことって増えますなー。
by ayanoooo | 2005-05-04 23:17 | gourmet
先週のクッキーの話に引続き・・・・。
アメリカ育ちの私にとって、クッキーといえばやはりチョコレートチップクッキーでございまーす。中でも好きなのがこのFamous Amosのピーカン入りのやつ。その昔、バブルの頃、ソニプラがコレを店頭で焼いて売っていたことがあり、当時高校生だった私は、新宿ルミネのFamous Amosショップから漂ってくるニオイにつられて(あたしゃ、犬か・・・?)、しょっちゅう学校帰りに買って帰ったものです。なぜか秤売りで、そういえば忘れもしない、100g消費税込(その頃はまだ3%でございました)391円だった・・・。契約終了のためか、お店がなくなってしまった時にはホント、号泣ものでしたわーん(涙)。

b0066329_2324426.jpgあの頃食べていた焼きたての味にはもちろんかなわないのですが、今でも既製品のFamous Amosが売っていると必ず買ってしまいます。(最近はなかなか見かけなくなってしまったのが、残念)本日、自由が丘のQueens伊勢丹でプレーン、ピーカン入り、レーズン入りと3種売っていたので、迷わずピーカン入りを買物カゴに投入!

ところで、Famous Amosのサイトには、クッキーのレシピがちゃんと掲載されております。(さっき確認したら、レシピがちゃんとリンクされていなかったのですが・・・)この味のチョコレートチップクッキーが一番好みの私は、何度もこのレシピをトライしたことがあるのですが、どうしても買ったのと同じ味が出ない。何が違うのだろう・・・と悩んでいた答えのヒントをパッケージの裏の原材料の欄で発見いたしました。それは「モラセス=(糖蜜)」というもの。あの、ちょっとネト~っとした甘みというのはブラウンシュガーのせいかと思ったら、どうやらこいつの仕業らしい・・・・。そして、サイトで紹介されていたレシピにはモラセスは入っていなかった!サギだーっ!!全く同じレシピを載せてしまうと、製品が売れなくなってしまうからなのかしらん?

早速、隣のcuocaでモラセスを買って、試してみようと思いつつ、最近の私はお勉強の友に甘いものが手放せなくなっているので、こんなモノをつくってしまったら、止めどなく食べ続けてデブの道まっしぐらじゃとハタと気づき、とりあえずはガマン・・・。来月NYに着いたら、時間も、でっかいオーブンも、さらにアパートにはカロリーを消費するためのジムもあるらしいんで、トライしてみようと思ってま~す。・・・ってむこうに行ったら、スーパーにコレを買いに行くほうがよっぽど手っ取り早いですね(笑)。
by ayanoooo | 2005-04-16 23:11 | gourmet
b0066329_175149.jpg昨日会ったフランス留学帰りの友達k961388嬢にもらったお土産。私の好物のポワラーヌのクッキーとゲランド塩。このポワラーヌのクッキーは何年か前に彼女に教えてもらってから、フランス土産の定番となっておりまーす。とってもプレーンな型抜きクッキーですが、バターの風味がおいしくて、ポリポリポリポリ・・・と後ひき状態(笑)。

b0066329_172255.jpg普段は菊型かハート型なのですが、今回もらったのはエイプリルフール(ポワソン・ダヴリル)限定仕様のお魚型!!ちょっとシシャモのような寸胴な形がユーモアたっぷりです。

ちなみに、本日、4年の任期を終えてNYから無事ご帰国されたこの方がうちにいらしていたので、お茶を飲みつつダンナと3人であっという間に平らげてしまい・・・・(爆)!(たくさん食べたのはあたしだけど・・・)

お塩は、今使ってるアドリア海の塩(これも彼女のオススメ)がなくなったらこちらを使おうと思いまーす。ゲランド塩といえば、塩チョコクッキーのお店も一緒に行かなきゃだし。お互い、うまいモノに対する飽くなき探求は尽きませぬなー(笑)。
by ayanoooo | 2005-04-10 23:28 | gourmet