人気ブログランキング |

chocoholicで traveloholicで alcoholicなわたしの日常
by ayanoooo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
2010年 11月 10日 ( 1 )
去年読んだ本の中で、おそらく一番面白かった「How Starbucks Saved My Life」。
本屋に行ったら、和訳されていたものが店頭に並んでおりました~!

b0066329_10494031.jpg
タイトルに固有名詞を使うことは回避した模様で、日本語版は「ラテに感謝!」。

ストーリーは、Yaleを出て、アメリカの一大広告代理店であるJ. Walter Thompsonで
重役までやった主人公が、リストラされて、自分の会社を立ち上げるも事業が
うまく行かず、ついには健康保険代まで払えなくなってしまうほどビンボーになり
(オバマ君が国民皆保に取り組んでる様に、アメリカは65歳以下は民間のものだけなので)
63歳になって、一定時間を働くと福利厚生で健保が付与されるスターバックスの
アルバイトとなり、28歳の黒人の女の子の部下として働く、という実話。
日本で言うなら、博報堂の専務とかがリストラにあって、マックで高校生バイトと
一緒に「ポテトも一緒にいかがですか~?」ってやってるのを想像してみてください(笑)。

かなりのジェットコースター的人生が、全部ホントの話っていうのが、この本の面白い
ところであり、ホラーでもあるのですが、私が一番好きなくだりは、スタバの採用面接で、

「今まで、小売関係の仕事をしたことはありますか?」

って聞かれて、いいとこのボンボンである主人公はもちろんアルバイトでも
そんな経験はないのですが、この採用試験に落ちちゃマズい、と思い、JWT時代に
バーガーキングのCM製作をするにあたり、 ちょっとだけ、体験入店をしたことがあることから

「バーガーキングで。」

って答えちゃう、っていうところ(笑)。

あまりのスタバ礼賛ぶりには、ちょっと辟易なところもあるのですが、
それを差し引いても、ものすごいオススメの本でございます。

トム・ハンクスで映画化されるらしいけど、版権代はものすごかったハズ!?
晩年に福が転がり込んで、ちょっとうらやましいぞ(笑)。
by ayanoooo | 2010-11-10 10:53 | books