chocoholicで traveloholicで alcoholicなわたしの日常
by ayanoooo
カテゴリ
全体
everyday living
cafe
gourmet
fashion
interior
magazines
books
cosmetics
travel
current events
NY gourmet
NY shopping
以前の記事
2010年 11月
2010年 09月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
フォロー中のブログ
こすめ日記。( 更新終了)
I LOVE New York
歩々晴天
portagioie
Ieri_Oggi_Do...
さくさん『choice』
ゆかさまの八方美人ブログ
A Girl at th...
--りんごアップルのha...
Olga's diary...
ばーさんがじーさんに作る食卓
simple
ボツちゃんスタジアム
マシマシライフ
puadiary
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧
日進ワールドデリカテッセンにお買物に行ったら、メキシコ産ライムが15個入りで、なーんと780円で売っておりましたー!ayanoooo大興奮!!
(ライムって普通どんなに安くても1つ150円はしてしまうので、この感激が伝わるとウレシイのですが…)
b0066329_1559236.jpg

酒飲みの私にとって、ライムは冷蔵庫の必需品でございます。2~3個はそのまま残して、残りは全部ジューサーでギュルルルーって絞ってまいましたが、力をこめて10個以上絞った割には、摂れたのはコップ1杯分。ま、こんなモンかー。

でも、おかげで、カミカゼやコスモポリタンなどライムをふんだんに使うようなカクテルを、しばらくの間(2~3日でなくなる?)堪能出来そうです。うっしっしー。

早速、お気に入りのグラスにウォッカ・コアントローとライムジュースを投入してカミカゼの出来上がり~♪ ダンナが出張でいなかったので、1人で柿ピーと共にチビチビ飲むはずが、「うまーい」と独り言を言いながらガブガブ・・・になってしまった、冬の夜長(って言わないか)でございました。おやじくさっ!
[PR]
by ayanoooo | 2005-01-14 16:00 | gourmet
ここ数日間、会社に提出する論文作成に追われております。
私だけかも知れませんが、頭を使ってる時って甘いモノを欲しません?
無い頭を珍しく酷使している(?)ためなのか、家に着いたや否や、むしょーにケーキが食べたくなって、そのままキルフェボンに直行した私。

この時期のキルフェボンには、なんと3種類ものいちごのタルトがあります。あまおうのタルトは名前に大変惹かれたのですが、お値段も1切れ1260円とご立派だった上に、生クリームがやたらゴテゴテと乗っかっていたので却下。シンプルにいちごとカスタードクリームだけの雷峰のタルトを購入してまいりました。
b0066329_16452939.jpg
いちごのタルトにゃちょっとうるさい私です(笑)。まず、台はクッキー生地かパイ生地のみじゃなきゃイヤ。アーモンドクリームを流して焼いてあるなんて、もっての外です。それにクリームはカスタードクリームだけ。生クリームはカスタードクリームと一緒に混ぜてある場合のみ
でも、意外とこの条件を満たしているのって少ないのです。なぜならば、イチゴの水分が時間が経つにつれ生地にしみてしまい、生地がフニャフニャになってしまうから。これを防ぐために、この雷峰のタルトには薄~くスポンジ生地が敷いてあります。
他にも、PAULアンナミラーズのも合格!特に、アンナミラーズのなんて、注文してからイチゴを乗っけてくれるぐらいですから、パイのサクサク感はバッチリ保たれています。他にはあんまりないあのショートニングの生地も、実はけっこう好き♪

ちなみに、結婚式の際、ケーキよりもお酒の方が好きじゃ、ということで、ケーキ入刀をではなく、実は樽を割った私たち。その代わりにデザートには上記の内容を細か~く指示したいちごのタルトを出していただきました。当日、何よりもデザートを食べることを楽しみにしていたのに、あろう事か、結婚式の2日前に親知らずを腫らして抜歯をしたので、な、なんと何も食べられず
後日、みんなが「あのイチゴのタルト、超おいしかったよ~♪」と口々に言ってくれたのを「くそー」という思いで聞いていた私でした。
[PR]
by ayanoooo | 2005-01-13 16:51 | gourmet
小川軒と言えばレーズンウィッチが有名ですが、私が好きなのはショコラスフレというロールケーキ。子供の頃からロールケーキといえば、これです。今でも1切れ300円とコストパフォーマンスも非常に高いのですが、なにせ午前中にはお店に行かないとなくなってしまうので、土曜の朝に早く起きるという芸当が出来ない私にとっては、半ば幻の一品。(まあ、予約すりゃ~いいんでしょうけど)
ところが、数年前こちらの本を入手して以来、家でもけっこう簡単に再現できるということを知り、三連休ということもあって、チャレンジしてみました。

b0066329_1135399.jpgこのレシピの特徴は、小麦粉が全く入っていないこと。材料は、卵、砂糖、カカオマス、ココアだけ。しかもココアもたった15グラムほどなので、生地がひっじょーに、モロいのです。
よって、生地が扱いにくいのが難点ですが、その分、口に入れるとスフレという名のとおり、しゅわっしゅわ~♪と溶けていきます。
自分でつくってナニはございますが、うまいー!!かるーいので何個でも食べられちゃいますよん。(オイ!)

中に先日のワッフルの残りのくるみを入れてみましたが、これは何も入れずに生クリームだけのシンプルなのがよさそうです。最近、すっかり流行りものとなっているロールケーキ。このレシピ、かなりオススメでございますよー。

唯一、面倒じゃ、と思うのは、卵が別立てでいくつもボウルを使うので、洗いものが多いこと!流しに山積みになっている汚れたボウルたちを見て、呆然自失状態の今の私でございます。
[PR]
by ayanoooo | 2005-01-10 22:50 | gourmet
ご多分にもれず、占いって好きです。
日々悩みも少ない上、物事を人に相談したりとかしない性格な分、
本当に悩んだり、迷ったりした時には、
思惑や感情が全く入り込まない、第三者の意見を聞きたい、
という意味で、お抱え(?)の占いの先生のところに行く私。
かれこれもう、15年ぐらいのお付き合いでしょうか~(笑)
加えて、年始には、必ず今年の運勢と、祐気取り
(いい方角に出向いて行って、気やエネルギーをもらってくること)
の日時と方角を聞きに行ってまいります。
年始と言っても、易学上の新年は旧暦なので2月の節分以降なのですが、
今年は、仕事上での大きな相談があったので、例年より若干時期は早いけれども、
先生のいらっしゃる川口(遠い!)まで行ってまいりましたー。

結婚してしまうと、恋愛ネタという、占いの醍醐味とも言える要素がなくなるので
占いを診てもらう時の、ワクワク感はなくなってしまったものの、お付き合いが長いので、
いわば人生の指南者のように、結婚後もずっと先生を頼りにしております。
もう、相当なおばあさんなので、ずっとお元気でいていただきたいものなのですが。

今年の運勢はと言うと、種まきの年とやらで、面白くな~いと思う
仕事ばっかりが舞い込んで来るそう・・・。イヤじゃー。
でも、今年地道に頑張れば、来年以降に実となりますよーってことらしいですが。
おそらく4月に異動があるので、つまんない部署とかに行かされるのでしょうかねぇ(汗)
まあ、それ以外は非常に安泰なんだそうなので、ひとまず安心。

一つ、がっかりしてしまったのは、祐気取りの方角!!
昨年に引き続き、今年もまた「南」なのだそう。しかも2月なんて寒いっ!!
去年も、南ということで、母親を引き連れて館山に行って
「こんな時期に館山に来ても全然面白くないわねぇ」なんてぶつぶつ言いながら、
房総半島最南端の神社とやらでお参りしてきたのに、今年もアレを再びかぁ~。
「北」だったら、北海道の友達の所に遊びに行く、いい口実が出来たのにィ!

ところで、どうして女性って占いが好きなんでしょうかねえ?
私の場合は「悩みを抱えるのがキライ」というか、「悩むのが面倒くさい」性格なので
精神的に面倒なことを手っ取り早く解決するために行っているようなもの。
ああ、ここでも私の「面倒くさいこと嫌い」な性格が出てきていて、情けない限りですが
この性格と一生付き合って行かなくてはならない以上、
私の占い通いも、一生続いて行くのかしらん??
ひょっとして、自分が占い師にでもなるのが、なんだか一番手っ取り早いのでは?
って気が最近しております。(なにか違う?)
[PR]
by ayanoooo | 2005-01-09 22:13 | everyday living
b0066329_23344334.jpg珍しく、私のうしろに座っている先輩が、あるお客さんのせいで「コノヤローッ!!」って一日中怒り狂っておりまして、その理由はともかくとして、その人のガス抜きのために部長と3人で、うちの会社のオフィシャル・バー(って勝手に決めてる)である丸ビルのWeST PArK CaFÉに参りました。

奥には普通に座ってお食事が出来るレストランスペースがありますが、手前のスタンディングバーのスペースで軽~く何杯かひっかけて帰るっていうのが我々のいつものスタイル。本日も名物バッファローウィングをつまみながら、ビールを数杯・・・・というハズだったのが、お酒が進むごとにその先輩の怒りがさらにエスカレートしてしまい、結局、立ちながら飲んでいるのに、3人でワインを2本+ビールたくさん。ここって、普段はBloombergの社員たちが英語を飛び交わせながら飲んでいるおサレな店なのに、我々のとこだけは、くだ巻いてるおやじがいるわで、完全に居酒屋化しちまいました(笑)。

ま、そこが常連の強みっていうヤツで、私が店員だったら、完全に追い出してしまいたくなるような客であろうと思われるのですが、今日は店長さんにも「こんな日もあろうよ・・・」と暖かい目で見守っていただけました(笑)。最後にはコーヒーまでサービスしてもらい。いつもスミマセンねえ・・・。

三々五々で家路に向かいましたが、数年前、その先輩は酔っ払って、自宅のマンションの植栽の脇で寝っころがっているところを翌朝、奥様に発見されたという前歴の持ち主なので、ちゃんとおうちに着いているのか若干心配中の、先輩思いの私でございます。
[PR]
by ayanoooo | 2005-01-07 23:38 | everyday living
お正月休み中に、某新聞社の記者をやっている後輩の男の子がうちに遊びに参りました。彼は昔から、お酒がダメで甘いものがスキという人なので、ケーキを山のように買ってたくさん食べて肥えてもらおう、と思っていたところに予定外の雪。ケーキ焼くほどの時間はなかったので、久しぶりにうちでワッフルを作ることにいたしました。
かつて、アメリカに住んでいた頃から、ayanoooo家でワッフルは定番メニューでございます。実にさまざまなレシピを試行錯誤し、最終的に落ち着いているのは、アメリカの料理本の定番 Joy of Cooking の卵別立てレシピ。
でも、軽~くぺロりと平らげられてしまう割には、バターや卵を半端なく使っているので、最近は禁断系の食べ物となりつつあります。(ケビンがこれを見たら、私は間違いなく破門になるでしょう・・・(笑))

このレシピはあくまで朝食用のものなので、外がパリッとしていて、中は空気をたくさん含んでいるので、ものすごく軽~くてふわふわしています。私はシンプルにバターとメープルシロップをかけたのが好きなのですが、おなかに入ること入ること・・・。ちなみに16枚出来上がったのですが、3人でもちろん全部平らげてしまいました。ああ、またもや罪悪感たっぷり。その日の夜、実は広尾のAPPIAに行ったのですが、ワッフルを食べ過ぎてお腹パンパンで、せっかくのうまいイタリアンを全く堪能出来ずに帰ってきたのは言うまでもありません・・・。情けなや~。

b0066329_14283918.jpgちなみにこの写真は、その後輩に提供してもらったものでございます。「手前に品物、奥に人」というのが新聞写真の王道なのだそうで。

彼は、当然ながら書く文章も秀逸なのですが、写真もこんなに上手だとは・・・。ちなみに、楽器も上手で、器用な人は何をやらせてもうまいという典型的な人です。花嫁募集中♪ということでしたので、我こそはという方、コメント欄に自己紹介でもしていただければ、私、お見合いおばさんを買って出ちゃいますわよ(笑)
[PR]
by ayanoooo | 2005-01-06 14:30 | gourmet
さて、本年のお正月休みには、予告通り、トニックウォーター飲み比べ企画を勝手に1人で開催いたしました(笑)
簡単に説明をいたしますと、トニックウォーターとは、キニーネというキナの木の樹皮の成分が入った炭酸飲料です。(ちなみにこのキニーネの元となるキナの木はキナ臭いキナです)甘味と苦味があって、まあ、そのまま飲んでも不味くはないけど、普通はお酒を割って飲むもの。私が今回用意したのはこちらのお酒で、飲み比べたトニックウォーターはこの3本でございます。
b0066329_18532662.jpg
左から・・・・
ウィルキンソン トニック-アサヒ飲料 190ml 80円
シュウェップス トニックウォーター-コカコーラ 250ml 120円
カナダドライ トニックウォーター-コカコーラ 500ml 150円
(お値段は、私が買った値段です。お店によって若干の差があると思われ・・・)

審査基準は、①甘味 ②苦味 ③後味 ④炭酸濃度の4点。

結果は以下の通り!

甘味ウィルキンソンシュウェップスカナダドライ
苦味カナダドライシュウェップスウィルキンソン
後味ウィルキンソンシュウェップスカナダドライ
炭酸濃度カナダドライウィルキンソンシュウェップス

トニックウォーターはそもそも、割と甘味の強いものなので、後味としてはやはり苦味よりも甘味が勝ってしまうということが判明。よって、甘味の多さ=後味の多さとなりました。
カナダドライ
が、とにかくダントツで甘いです。ハッキリ言って、甘すぎ。そして、炭酸濃度が一番薄いので、ジンと氷が入ると、かなり発泡感がボケてしまう。というわけで、これが一番×。
シュウェップス
は、審査結果でもわかる通り、全体的な味のバランスが取れています。そして、炭酸濃度が強いので、多少氷が溶けてしまっても、まだ炭酸の味がちゃんと残ります。あと、キャップ付きのビンなので、数日間であれば、保存にも強い。気のせいかもしれませんが、ペットボトルのカナダドライよりも炭酸の抜けが少ないようです。
ウィルキンソン
のは甘味がかなり抑え目で、苦味が強い。そのかわりに後味がスッキリでとてもさわやかです。炭酸の量は普通かな~。惜しいのは、王冠ブタのビンなので、基本的には使い切り型だということ。まあ、1本の内容量は少ないので、飲みきってしまえばいいんでしょうけど、2杯は飲まなくてはなりません。(もったいなくて、2杯飲んでしまうんだ、これが・・・)

個人的好みで言うと、後味スッキリのウィルキンソンに軍配が!やはり、トニックウォーターたるもの、ジンを引き立てるための脇役であっていただきたいので、甘味というのは少ないほうがベターということが判明。ただ、ジン自体にも甘味があるので、今回のジンはTanquerayでしたが、これがBombay Sapphireとかだと、また違った結果になるのかも知れません。

というわけで、正月ならではのヒマっぷりを発揮してしまったこの企画ですが、当然、3種飲み比べということで、ジントニック3杯をいっぺんに飲んでしまった私。炒り銀杏(おやじくさい!)をおつまみにしてこの企画を進めましたが、3杯飲み終わったところで、お昼寝モードに突入してしまい、次に目が覚めたのは2時間後・・・。ダンナは呆れてモノが言えん、っていう表情で私を見ておりましたが、ま、これも正月だけ(??)のことでございますから、暖かい眼差しで見守っていただければ幸いでございます~(笑)
[PR]
by ayanoooo | 2005-01-04 18:56 | gourmet
あけましておめでとうございます!
仕事納めの29日から、お正月休みはずっと食べて飲み続けて今日に至ってしまったayanooooでございます。おかげで体が重いっ!体重計に乗るのが恐ろしや・・・。ひゅるるる~(爆)
そして、気がつけば、もう明日から出勤!!お正月休みには、本の整理をしよう、とかスキンを編集しよう、とかケーキ焼こうなどなど予定を立てたものの、全て計画倒れ。うちはダンナも私も、さらにその上の世代もみんな東京なんで、帰省する手間とかはないのに、やっぱり結婚すると、ご挨拶やらで意外と忙しいものですねえ。今日もこれからダンナのおじいちゃんおばあちゃんの家に、年甲斐もなくお年玉をもらいに行って参ります(笑)

あ、食べるものは、いろいろつくりましたよっ。
写真は、大晦日のパエリアと、元旦の夜のローストビーフ。
b0066329_14345556.jpgb0066329_1435727.jpg
ま、両方とも火にかけっぱなしのモノなので料理って呼べるほどのものではないか・・・。おせちは、形だけ、ということで実家から全部盗んで来たので、超ラクチーン♪ お雑煮は、飛田和緒さんのレシピで、半日かけて鶏ガラのダシを取ってみたのですが、これがお餅によく合う、うまうまダシでした。実家の鰹ダシよりも気に入ってしまったので来年以降も採用決定~!

それに、用意しておいたお酒のうまかったことー!!
特に、ソノマから運んで来たワインは秀逸でございました。おせちと一緒にと思ったんですが、結局、大晦日のパエリアと一緒に開けてしまって、あっという間に空に。カリフォルニアの太陽がさんさんと降りそそいだシャルドネならではの、派手な風味の白ワインでした。

あと、お正月を境に、私の中で突然、変化が見られたことが・・・・。
お正月ってたくさんお笑いの番組とかやっているので、ご多分にもれず、私も大晦日からいろいろとチャンネルをハシゴしながら見てしまったのですが、キモチ悪くてイヤ~とあんなに嫌っていた波田陽区をいくつもの番組で見続けているうちに、ファンになってしまったんですねー(笑) 毒舌系キャラって、見ているとあまり愉快でない人が多い中、この人の斬り方は実に痛快で、紅白ネタあたりから突如とツボに入ってしまいました(笑) エンタの神様、これから必見ですっ!

というわけで、こんな自堕落な生活をしていられるのも、残り数時間となりましたので、そろそろ普段の生活にアジャスト出来るように、今日あたりは久しぶりの休肝日にしたいと思います。以前のブログを読まれた方には、「ケビンはどーなったんじゃい!」ってお叱りを受けそうな気配ですので、いよいよ今週末から肉体改造ウィークに突入しようと思っております。ブログの内容もそんなストイックな内容にシフト出来るのでしょうか!?自分でもちょっとだけ楽しみです(笑)
こんな私ですが、本年もどうぞよろしくお願いいたします♪
[PR]
by ayanoooo | 2005-01-03 14:36 | everyday living