chocoholicで traveloholicで alcoholicなわたしの日常
by ayanoooo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
everyday living
cafe
gourmet
fashion
interior
magazines
books
cosmetics
travel
current events
NY gourmet
NY shopping
以前の記事
2010年 11月
2010年 09月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
フォロー中のブログ
こすめ日記。( 更新終了)
I LOVE New York
歩々晴天
portagioie
Ieri_Oggi_Do...
さくさん『choice』
ゆかさまの八方美人ブログ
A Girl at th...
--りんごアップルのha...
Olga's diary...
ばーさんがじーさんに作る食卓
simple
ボツちゃんスタジアム
マシマシライフ
puadiary
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:gourmet( 40 )
こちらの雑誌が発売されて以降、巷のうまいチョコレートを自分のために買いまくる日々が続き、肝心のダンナ用には、実は何もチョコを買ってなかった(爆)!

一応希望を聞いてみると、チョコレートよりも焼酎が欲しいというので、会社帰りに恵比寿の紀伊国屋酒店に寄り、30分ほどずーっと酒を物色して参りました。酒ビンを眺めているのってホントに至福の時でございますわ~ん(笑)。って変な客!

b0066329_0181480.jpg普通の焼酎でもナニかなァと思って、和製バーボンという、とうもろこし焼酎の極上・大石を購入してみることに。ついでに、おつまみには大好物のジャイアントコーンを買い、昨日のバラゲで変えなかったとうもろこしのリベンジを果たせたかなァと?

コレは乙類焼酎なので、アルコール度数が38度もあり、濃いっ!ホントにバーボンのような熟成されたコクのある香りがします。男の人向けの焼酎ってカンジでしょうかね。ちょっとクセがあるので、ソーダ割とかがおいしいのかもしれません。

ところで、バレンタインでは毎年楽しみにしていることがあります。それは、銀座のクラブから会社のおじさんに来るチョコレートを横取りすること!!去年はルショワのとか来てたのに、今年は実に不作~。ブーブー。日頃の投資が、全然リターンに繋がってませんねェ~、ってちくちく上司をいじめてみた、今年のバレンタインでございました。
[PR]
by ayanoooo | 2005-02-14 23:25 | gourmet
女友達にチョコをあげようと突然思い立ち、初めてオリオール・バラゲに行って来ました。
バレンタインの直前だし、すごーい長蛇の列とかだったらイヤだなァと思って行ったのですが、人はまばらにしかいなく(笑)。ご商売、大丈夫でしょうか?

同じ通りのエリカ(こちらは、入場制限してましたヨン)に比べても店構えはグッと地味。バルセロナの本店も、村上開新堂方式の店らしいんでわかりにくさがウリなのかも知れませんが、通りがかりの人はまず来ないでしょ、っていうビルの2階に位置しております。

私が食べたかったのは(人にあげるんじゃないのか!っていうツッコミが入りそうですが)、とうもろこしマスクレータというパチパチキャンディが入っているという噂のチョコ。ところが、お店に来るまで知らなかったんですけど、バラ売りは一切してないのですねェ。この時点で、かなりマイナスポイントが~。

とうもろこしは12個入りのアソートパッケージの中に1つしか入っていないので、マスクレータ4個入りを購入。オレンジとヘーゼルナッツのようなベースのガナッシュに、例のパチパチキャンディが練りこまれております。火祭りをイメージしたという通り、口の中でバチバチバチバチ~ってチョコの火花が飛び散っておりました(笑)。手が込んでいて、確かに遊び心とインパクトは満点!

b0066329_1243363.jpgb0066329_1244250.jpg
が、これだったら、私はメゾンデュショコラの方が全然いいかなー。もちろん、これはこれでとてもおいしいのですが、正統派チョコとはほど遠い(もっとも、出身国もスペインですし。この時点で変わってる!)モノなので、本命チョコというよりは、愛人チョコ(なんじゃそりゃ?)という感じ。えーと、タレントで言うと、竹内結子さんと井上和香さん(あるいは、ゆうこりん)の違いのような(爆)。

私にとって、このチョコを買うというのは、さしずめ、家には清楚で貞淑な妻がいながら、たまには派手な豹柄とか着てる(着てなくてもいいけど)オネエちゃんをつまみ食いしたい、という殿方の心理に似てるのかしらん、と想像してみた人妻の私でした(笑)。
[PR]
by ayanoooo | 2005-02-13 23:23 | gourmet
今日は朝イチに仕事で御殿場まで行き、トンボ返りで会社に帰ってから、お客さんと延々打合せという珍しくハードな一日でござりました~。

おまけに、そのお客さんというのが「超」を100個ぐらい付けたような生粋関西の方で、ついでに言うと私の上司もバリバリの関西人なもんで、当然ながら打合せはぜ~んぶ関西弁(爆)!

条件交渉の話だったんですけど、「ほな、その分まけてくれますサカイな!」(関西弁合ってます?)とかそんな調子でキリキリと値切られ(笑)。いやいや、彼らのパワーはホンマすごい!

ちょっと関西弁にあたりすぎで、エネルギーを吸い取られてしまった生粋東京人の(?)私は、残業前に栄養補給せねば!と思い、向かった先はパシフィックセンチュリープレイスのPAULでございます.。

ホントは、何かサンドウィッチでも買おうって思って行ったのに、PAULと言えば・・・で目についてしまったのが、こちら。
b0066329_051390.jpg
普段から残業慣れしてない私は、夜6時を過ぎると思考回路が一気にガタンと低下してしまいます。気が付くと、本能の赴くままに、「これお願いしまース」と後先考えずにオーダーしておりました(笑)。

会社に戻り、さすがに夕食も食べずに、直径が7~8センチでボリュームもたっぷりのコレを丸々1つ食べるのはいかがなモノかしらん、とふと我に返り、同僚と半分コして午後7時頃から優雅にオフィスでティータイムを繰り広げてみました(笑)。(会社で買ってるユニマットのニナスブレンドはなにげにうまい♪)

パン屋のケーキはあんまりおいしくない、っていうのが定説ですが、このタルトは生地が全粒粉で出来ているせいか、香ばしいのが気に入っております。さすがパン屋なので粉がおいしい!

しかし、すぐ近くにはメゾンデュショコラがあるし、うちのビルには最近「アルマーニドルチ」までオープンしたし、で、丸の内も近頃はスイーツの危険地帯と化しております。身近にあると、意外とフラフラ~っと行ってしまうもんで・・・。こんなんじゃ、唯一低めなのが自慢の血糖値までもがァ~・・・(汗)。
[PR]
by ayanoooo | 2005-02-09 23:03 | gourmet
人間ドックの結果はさておき・・・(ってこれがイケナイんですが~)
会社の同僚と、1年ぶりぐらいに銀座のマルディグラへ参りました。
すっかり予約の取りにくいお店になってしまったせいか、最近は夜の部を2回転させてるようで、席は20:30までと時間制限つき。というわけで、ダッシュで会社を後にしてタクシーに飛び乗った私たちでございます(笑)。

最近は名物トスカーナ風ポテトをやらなくなってしまったそうで、1人なんてそれ目当てに行ったのに(!)って超ガッカリ~。ちなみに、ここはワインがメインの店なんですけど、ワインはよくわからんちんの私は、人に注文をお願いし、ひたすら注がれるままグビグビ飲んでおりました~。というわけで、銘柄も全く不明(爆)。

かなりお店が暗い上に、なんとなくフラッシュをたいたら悪いかなァという雰囲気だったので、写真がかなりイマイチなのですが、季節の野菜のグリルとサラミの盛り合わせです。

b0066329_2274256.jpgb0066329_2275344.jpg
(それにしても、そーとーイマイチな写真だ・・・)
ワインリストはアメリカのものがかなり充実していて、お料理はなんだか多国籍。ピンチョスがあるかと思えばメンフィス風バーベキューなんていうのも。ポーションは普通ですが、基本的にワイルドな感じの男性好みのメニューが多しかな?でも、軽いものもしっかりしたものもあるので、割と多目的に使えるお店です。ロケーション的には、並木通りの銀座8丁目ということで、同伴前のホステスさんとかもいて客層も豊かで楽しい(笑)。

ただ、しっかりと20:15には伝票がやって来て参ります。なのでちょっと慌しいのが玉にキズ。後の予約が入っているような感じではなかったんですがー。もしかしたら、2軒目で使うのに一番いいのかもしれません。但し、1軒目で酔っ払って来てしまうと、お店の狭くて急な階段から転がり落ちてしまう危険性大ですので、くれぐれもご注意下さいまし~。
[PR]
by ayanoooo | 2005-02-08 22:10 | gourmet
週末、ダンナが冷凍庫をあさっていたと思ったら、忘却の彼方にあった冷凍パイシートを奥の方から発掘して参りました。賞味期限はギリギリ。そこで、何を思ったのか、冷蔵庫からりんごを取り出し、おもむろにアップルパイをつくり始めたうちのダンナ・・・(爆)。

お料理は普段からかなり得意なので、前々からパンとお菓子を仕込もうと思っていたのですが、ついにやる気になったのか、と色めきたった私。出来上がりはレピドール風の薄めサクサクアップルパイで、りんごが紅玉でなかったのだけが玉にキズでございましたが、上にふりかけた砂糖とバターがキャラメリゼされていて、うまーい!!
b0066329_21153445.jpg
よくよく考えると、世の中、シェフもパティシエもほとんど男性なんですよねえ。ということで、殿方にも出来ない訳はない、と改めて実感。
この調子で、家計を助ける(?)ためにも、次は是非、パン製作にも進出していただきたいモノでございます。私が、ますますズボラ妻になってしまいますが・・・(汗)。
[PR]
by ayanoooo | 2005-02-07 21:16 | gourmet
ダンナの友人で、こちらの主の方が、NYから一時帰国されました。
ごはんを食べに行こうということになったのですが、
今、NYで食べられない和食というのは皆無に近いそうです。
どこに行こうと悩んだ挙句、うまいそばめしはNYでは食べられまい、
ということで白金の甚六へ。

ご本人とは、ほとんど初対面に近かったのですが、某大学のラグビー部出身
ということもあり、元ボート部のダンナと、元応援部の私の3人で、
単なる体育会飲みを繰り広げてしまいました。
いやいや案内されたのが、お店の一番奥角でよかった、よかった~。
日本酒つがれて「どうもごっつあんです、いただきます!」みたいな(笑)
3人でよく飲んでよく食べて、大爆笑しっぱなしー!
おかげで月曜日からヒドい二日酔いでございます。うー。

それにしても、甚六って、何を食べてもおいしいので大好きなお店なんですけど、
なんか、こう、どうも客層がうさんくさ気味というか、
カタギっぽくない方々が多いような・・・・。必ず誰か芸能人遭遇するし。
場所柄ですかねえ?
ちなみに、昨日いらしたのは大林素子さんとドン小西さん(それぞれ別々で)。
トーキョーを肌で感じるには、いいお店なのかもしれません。
本店は大阪のお店だけど(笑)

  甚六の名物たこやき→b0066329_2046682.jpg
[PR]
by ayanoooo | 2005-01-24 15:16 | gourmet
久々に、お取り寄せ商品のご紹介です。
6年ほど前に出張で新潟に行った時に、取引先の方から、会社へのお土産にはここのおせんべいがいいと薦められて、瑞花という老舗のお店に参りました。おせんべいには目のない私。出していただいたお茶を片手に、こっちのおかきをボリボリ、あっちのあられをポリポリ(もちろん試食用をですよっ!!)・・・。

b0066329_12384392.jpg「うちの会社なんて質より量だから、こんな上品なのじゃなくてイイんだよなぁ~」と思いつつ、ふと入口のラックにうず高く詰まれた、袋入りのお菓子を発見!それが、こちらの「うす揚」という商品でございます~。

お気づきの方、ハイ、何年か前からコンビニなどで「ふわっと」という類似商品を見かけるようになりましたねー。基本コンセプトはあちらと同じです。「ふわっと」の方は、ジャガイモ(かな?)のデンプン質を少し感じるのに対し、「うす揚」は純粋に薄いお餅を揚げただけで、しっかりとお米の味がします(スナック菓子と米菓の違いって感じ)。

競合商品なのね、っと思いきや、じつはこの瑞花というお店は、「ふわっと」の製造元である岩塚製菓の子会社なのです。商品としては「うす揚」の方がずっと古いのですが、それを大衆化した商品が「ふわっと」なのでしょう。
(しかし、最初に「うす揚」を商品開発した人、おせんべい屋さんなのに、よっぽどスナック菓子好きの人だったんでしょうねェ・・・想像すると、なんだか微笑ましい気がいたします)

b0066329_123955.jpg話は戻り、新潟では、もちろんこの「うす揚」を会社に買って帰りましたっ!やたらかさばってしまい、新幹線で持って帰って来るのも一苦労だったのですが、会社で「えび味」と「こしょう味」(この味はなくなってしまった。おいしかったのに・・・) を開けたとたん、ものの5分でなくなってしまい、
ったく、少しは味わって食べろよ、うりゃー!
って右手をグーにして、プルプル震えていた私(笑)。

商品は1袋263円。なにせ、カサが大きく、送料はそこそこかかってしまうので、10袋ぐらいまとめてお取り寄せした方がよろしいかなーと。10袋なんて、あっという間になくなってしまいますけどね~。東京だったら、銀座に直営店がありますし、デパートの「諸国名産品」みたいな平場のコーナーによく置いてあるので、チェックしてみてくださいましー。ビールがグビグビ進む&やめられない止まらないかっぱえびせん♪状態になること請け合いでございます。
[PR]
by ayanoooo | 2005-01-22 12:43 | gourmet
日進ワールドデリカテッセンにお買物に行ったら、メキシコ産ライムが15個入りで、なーんと780円で売っておりましたー!ayanoooo大興奮!!
(ライムって普通どんなに安くても1つ150円はしてしまうので、この感激が伝わるとウレシイのですが…)
b0066329_1559236.jpg

酒飲みの私にとって、ライムは冷蔵庫の必需品でございます。2~3個はそのまま残して、残りは全部ジューサーでギュルルルーって絞ってまいましたが、力をこめて10個以上絞った割には、摂れたのはコップ1杯分。ま、こんなモンかー。

でも、おかげで、カミカゼやコスモポリタンなどライムをふんだんに使うようなカクテルを、しばらくの間(2~3日でなくなる?)堪能出来そうです。うっしっしー。

早速、お気に入りのグラスにウォッカ・コアントローとライムジュースを投入してカミカゼの出来上がり~♪ ダンナが出張でいなかったので、1人で柿ピーと共にチビチビ飲むはずが、「うまーい」と独り言を言いながらガブガブ・・・になってしまった、冬の夜長(って言わないか)でございました。おやじくさっ!
[PR]
by ayanoooo | 2005-01-14 16:00 | gourmet
ここ数日間、会社に提出する論文作成に追われております。
私だけかも知れませんが、頭を使ってる時って甘いモノを欲しません?
無い頭を珍しく酷使している(?)ためなのか、家に着いたや否や、むしょーにケーキが食べたくなって、そのままキルフェボンに直行した私。

この時期のキルフェボンには、なんと3種類ものいちごのタルトがあります。あまおうのタルトは名前に大変惹かれたのですが、お値段も1切れ1260円とご立派だった上に、生クリームがやたらゴテゴテと乗っかっていたので却下。シンプルにいちごとカスタードクリームだけの雷峰のタルトを購入してまいりました。
b0066329_16452939.jpg
いちごのタルトにゃちょっとうるさい私です(笑)。まず、台はクッキー生地かパイ生地のみじゃなきゃイヤ。アーモンドクリームを流して焼いてあるなんて、もっての外です。それにクリームはカスタードクリームだけ。生クリームはカスタードクリームと一緒に混ぜてある場合のみ
でも、意外とこの条件を満たしているのって少ないのです。なぜならば、イチゴの水分が時間が経つにつれ生地にしみてしまい、生地がフニャフニャになってしまうから。これを防ぐために、この雷峰のタルトには薄~くスポンジ生地が敷いてあります。
他にも、PAULアンナミラーズのも合格!特に、アンナミラーズのなんて、注文してからイチゴを乗っけてくれるぐらいですから、パイのサクサク感はバッチリ保たれています。他にはあんまりないあのショートニングの生地も、実はけっこう好き♪

ちなみに、結婚式の際、ケーキよりもお酒の方が好きじゃ、ということで、ケーキ入刀をではなく、実は樽を割った私たち。その代わりにデザートには上記の内容を細か~く指示したいちごのタルトを出していただきました。当日、何よりもデザートを食べることを楽しみにしていたのに、あろう事か、結婚式の2日前に親知らずを腫らして抜歯をしたので、な、なんと何も食べられず
後日、みんなが「あのイチゴのタルト、超おいしかったよ~♪」と口々に言ってくれたのを「くそー」という思いで聞いていた私でした。
[PR]
by ayanoooo | 2005-01-13 16:51 | gourmet
小川軒と言えばレーズンウィッチが有名ですが、私が好きなのはショコラスフレというロールケーキ。子供の頃からロールケーキといえば、これです。今でも1切れ300円とコストパフォーマンスも非常に高いのですが、なにせ午前中にはお店に行かないとなくなってしまうので、土曜の朝に早く起きるという芸当が出来ない私にとっては、半ば幻の一品。(まあ、予約すりゃ~いいんでしょうけど)
ところが、数年前こちらの本を入手して以来、家でもけっこう簡単に再現できるということを知り、三連休ということもあって、チャレンジしてみました。

b0066329_1135399.jpgこのレシピの特徴は、小麦粉が全く入っていないこと。材料は、卵、砂糖、カカオマス、ココアだけ。しかもココアもたった15グラムほどなので、生地がひっじょーに、モロいのです。
よって、生地が扱いにくいのが難点ですが、その分、口に入れるとスフレという名のとおり、しゅわっしゅわ~♪と溶けていきます。
自分でつくってナニはございますが、うまいー!!かるーいので何個でも食べられちゃいますよん。(オイ!)

中に先日のワッフルの残りのくるみを入れてみましたが、これは何も入れずに生クリームだけのシンプルなのがよさそうです。最近、すっかり流行りものとなっているロールケーキ。このレシピ、かなりオススメでございますよー。

唯一、面倒じゃ、と思うのは、卵が別立てでいくつもボウルを使うので、洗いものが多いこと!流しに山積みになっている汚れたボウルたちを見て、呆然自失状態の今の私でございます。
[PR]
by ayanoooo | 2005-01-10 22:50 | gourmet