chocoholicで traveloholicで alcoholicなわたしの日常
by ayanoooo
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
everyday living
cafe
gourmet
fashion
interior
magazines
books
cosmetics
travel
current events
NY gourmet
NY shopping
以前の記事
2010年 11月
2010年 09月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
フォロー中のブログ
こすめ日記。( 更新終了)
I LOVE New York
歩々晴天
portagioie
Ieri_Oggi_Do...
さくさん『choice』
ゆかさまの八方美人ブログ
A Girl at th...
--りんごアップルのha...
Olga's diary...
ばーさんがじーさんに作る食卓
simple
ボツちゃんスタジアム
マシマシライフ
puadiary
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:cosmetics( 7 )
皆様~、あっけましておめでとうございまーす♪
当然のことのように、寝正月&呑正月を過ごしたayanooooでございます(爆)。
今年も細々ながら、おバカなネタをupして行きたいと思いますので、よろしくお願いしマース。

えーと、ホントは新春特別企画(笑)「ジン飲み比べ企画」について書こうと思ったのですが、昨日1人で勝手に開催してみたものの、イマイチ盛り上がりに欠けた結果となり(?)、ダンナと一緒にBar Lin再度開催することにいたしました~。来週ぐらいになるかと思いまっす(って誰も、そんなの期待してないって??)。

たまにゃー食い気より色気っつーことで、久々にコスメネタなど・・・。

わたくし、ヒジョーに朝寝坊が激しい人間なため、朝出かける時のメイクが日によってものすごーくバラつきのある女でございます(笑)。時間のない時はベースメイク(これはしっかりやりまっせ~)以外は、まゆ毛、アイライナー、口紅のみ(爆)。時間の余裕がある時には、これにアイシャドーとチークとマスカラが登場しまっす。(余裕がない時は、残りはもちろん会社で。ええ、それがナニか(笑)?)

中でも、アイライナーはちょー必須アイテム!内側の粘膜にインサイドラインをぐいーっと引っ張るので、長年、ブルジョワのフェルトペンタイプのモノを愛用していたのですが、今から2年ほど前、使っていたこげ茶が廃盤になってしまい、現存する黒は私の顔にはちょいと強すぎっつーことで、しばらくアイライナージプシーを余儀なくされておりました。そんな時、結婚式のメイクをお願いした松本由美子さんに「ボビーのジェルアイライナーが絶対に落ちなくていいわよーん」とオススメしていただき、以来、ボビー教に入信してしまったわたくし!

ジェルアイライナーは、リムーバー(ブラシの掃除にも使う。ちなみにこれオイリータイプじゃないのでキモチいい)、アイライナーブラシで3点セットです。インクのつぼのようなモノに固~いペースト状のアイカラーが入っていて、ブラシの先でちょんちょんと取って、手の甲でなじませてからスーッと引っ張るという仕組み。慣れは必要だけど、慣れてしまえば実に簡単。ブラシを毎度洗わなくてはならないっつーのが面倒なだけで(笑)。
b0066329_21324735.jpg
ボビーのブラシは、柄が長いので鏡にぶつかってしまうということを除いては(私は5センチほど切って使用しておりました)何の問題もないのですが、このたび、違うスグレモノのブラシをはからずも発見してしまいました~!それはPaula Dorfのアイトランスフォーマーブラシというもの!ボビーのブラシと違うのは、目のカーブにあわせて、ブラシ自体もゆるーくアーチを描いていて(写真じゃわかりにくいっすね・・・)、まつ毛の間にピタッとジェルが入ってゆくということでありマス。引っ張るというよりは、乗せるっていう感じではありますが、コレ、実に使いやすくってもうボビーのブラシには戻れなひかも~っていうぐらいスグレもの。人口毛だっていうことだけがちょいとひっかかりますが、色もオレンジなのでブラシを掃除した時にジェルの落ちが確認できる(ボビーのは黒い毛なので、よくわかんないのねん・・)のもポイント高し。

わたくしは目の下はペンシルなのでこれは使用しませんが、独特のアーチが、ついでに下まぶたにも使いやすいらしいでし。ボビーのジェルデビューをまだされておらず、なおかつボビーのBAさんの「ブラシも必ず一緒に!」の声を振り切れる方は、是非お試しアーレ!(ああ、やっぱり私に美容記事はむずかしいわ、tanakake20ちゃんよ(笑))
[PR]
by ayanoooo | 2006-01-04 21:38 | cosmetics
こっちのDrugstore系のモノっていうのは、どうもニオイがダメなものが多い私。この間フツーに買ったCutexのリムーバー(アセトンフリーのやつ)も、卒倒するぐらいヘンなニオイでしたし、Sally Hansenのキューティクルクリームも子供の頃に飲まされたシロップ薬のニオイで(どうしてこうなる??)卒倒しそーになりました。日本でもそのへんで売ってるリムーバーとか使ってますけど、こういうことってなくありません??

b0066329_13162330.jpgというわけで、シャンプーについては、普段から使い慣れているやつにしようと、BarneysでAesopのを購入~。コレはオーストラリアのオーガニックシャンプーで、パークハイアットで出会って以来、髪と頭皮が洗った後にシャキーンとして、おお、汚れが落ちた(!)って実感出来るところが気に入っております。コンディショナーの洗い上がりは別にフツーなので、私がいつも使うのはシャンプーのみですが。

ところが、こっちで使ってみて実感したことは、イマイチ泡立ちが悪いっ!どうやら、アメリカの水道水は硬水だからなんだそうで、石鹸モノは一般に泡立ちにくいそう。そういえば、前にも日本のシャンプーをこっちで使ったけど、様子が違ったんだったっけ・・・。

試しにアパートに備えつけでおいてあったNeutrogenaのシャンプーを使ってみたら、キメ細かーく泡が立ち。シャンプーも郷に入りては郷に従えっていうことでしょうか?とりあえずこれはこちらではお蔵入りにし、コンディショナーを使ってるAubreyあたりでガマンしよーかと思っております。いずれにせよ、香りはイマイチなんですけどねぇ~(涙)。
[PR]
by ayanoooo | 2005-05-30 23:33 | cosmetics
機内販売というのには普段はほとんど手を出さない私ですが、今回は、成田の免税店でなーんにも買わないで来たので、飛行機の中でパラパラと免税品の案内を読んでおりました。すると、3年前にも買ったShu Uemuraのメイクパレットが久しぶりにバージョンアップして復活しているではありませんか!!

よく、LancomeやEstee Lauderからもメイクパレットみたいなのが出ていますが、重くてかさばるし、なんか、あんま使えないっていうことが多し。が、これは、普通にShu Uemuraのお店で売っているモジュール化されたアイシャドウやチークがそのままパレットに入っているので、使わない色と後から買ってきた色を交換することが出来るし、ヒジョーに便利でございます。3年前に買ったものも、飽きっぽい私にしては、珍しくほとんど使い切ったってほど使用頻度が高かったモノ。

b0066329_1251750.jpgアイシャドウが6色とチークが1色。前に買ったやつと色はちょっと似てるかな?特に、このこげ茶、水色、白が使えるのですよーーん。あ、あと、このアイシャドウ用の小さいブラシが妙に使いやすいっす~。チークのはちょい小さすぎてイマイチなんですけどね・・・。

気になるお値段は、定価5500円。ANAカードを持っていた私はさらに1割引!普通にデパートで買うと、アイシャドウだけで2000円するので、お得感たっぷりでーす(笑)。

が、何せ今、宅建予備校と家との往復しかしていないっつー枯れた生活を営んでおるので、問題はバッチリアイシャドーを塗ってどっかにお出かけなーんていうイベントが皆無であること!!結局まだ一度も使用していないまま、お蔵入り状態のかわいそうなShuのパレットでございました~(涙)。

ちなみに、Shu Uemuraは今やロレアルグループになってしまいましたが、実はマンハッタンのロレアルのオフィスのビルにShuを扱ってるアウトレットがあるのですー。近々そちらもレポートしまーす♪
[PR]
by ayanoooo | 2005-05-21 23:52 | cosmetics
なんだか、今週はSUQQUの話で終わってしまいそうですが、
最終回はポイントメイク編でございます。

SUQQUのポイントメイクと言えば、なんと言ってもミカン色のアイカラー
なんでも、黄味がかった日本人の肌の色にとても合うそうです。
そして、現物を見ると本当に、おミカンの色をしている!
(本名はミカンではなく「萌山吹」ですが) 
しかも、SUQQUメソッドでは、日本人にはパール感のある色味は顔をくすませる、
ということで他の色も全色マットカラーのみ。潔いですねえ(笑)。

が、私は担当していただいたBAさんのお化粧を見て、一抹の不安を覚えました。
おそらく、私よりも若く、20台後半ぐらいといった年齢の方だったんでしょうが、
非常に濃い顔のBAさんで、確かにとてもキレイなメイクをされているのですが、
なんというか、顔の濃さが際立っていて、タイの仏像のように、
ゴーン・・・(わかっていただけるかしらん、このニュアンス・・・)とした感じなのです。
もっとも、オリエンタルビューティーには違いないのですが・・・。

そして、私も、濃い顔立ちだと言われる人。
昔、日に焼けていた高校時代に撮ったパスポートの写真なんて、
東南アジアの国の人と間違えられるぐらいでしたし・・・・(苦笑)
ちなみに、そのBAさんはパープル系メイクをされていたので、
まあ、今日は特に濃いのかしらね、と自分に言い聞かせ、
私は、せっかくSUQQUに来たのだから、とおまかせで、
噂のミカンメイクをお願いすることにしました。

というわけで、鏡の前でされるがまま状態の私。
ミカンカラーを目尻1/3に乗せることでやはり顔の重心を上げるそう。
そういえば、前に通ってた鎌田塾でも、確かそんなこと言ってたなぁ・・・。
(全然、身についてないじゃん!)

出来上がりを不安視しながらも、モーレツにカンゲキしたのが、マスカラでございます。
マスカラって、変身度ナンバーワンなのに、私にとって苦手アイテム。
というのは、慢性的なアレルギーでよく目がかゆくなってしまうので、
無意識にこすって、すぐパンダ状態になってのが悩み。
なので、普段はビューラーのみ。

ところが、このマスカラは、ウォータープルーフどころか、
アイメイク・リムーバープルーフなのだそうで、全くにじまない!!
唯一の落とす手段というのがお湯だそうで、マスカラを塗っている時に
お肌についてしまった分は、乾いたら綿棒でこすればポロリと落ちるという、
優秀かつ手間のかからないマスカラ。
下まつげのマスカラ塗りが超ヘタクソな私ですが、これなら失敗しても大丈夫~。

チークやリップカラーも特徴的です。
チークは、クリームパウダーのダブル使い。
リップカラーはラインカラーの色をわざと変えて、カラーの立体感を出すというもの。
リップカラーの色はどれもキレイでした!
やはり、パールはなしでマットなのですが、塗りやすくて、香りもなし。
ここんところAUBE一辺倒だった私には、これは朗報でございます。
一番よかったのは雛罌粟(ひなげし)色かな。
(思わず、アグネスチャンを思い出したのは私だけ?)

そして、SUQQUメソッドをしっかりと堪能したこと1時間弱。
鏡にうつった私の顔は・・・・やっぱり濃かった
ヘンというほどではないにせよ、ああ、バッチリとメイクをしてますね、という顔。
そして、ダンナさんに言わせると年齢不詳らしい・・・。
近いなあ、と思ったのが、私の大好きな皇太子妃雅子様の、
ハーバード大学時代とかの写真で出てくる、ちょっと派手系メイクのアレです(笑)。
まゆげくっきり、アイラインばっちり、みたいな。

えー、結論から言うと、あと2~3年はこのメイクはお預けでいいかな、と思いました。
こう、自分で言うのもなんなのですが、わたくし、要するに、まだ
若さに対する未練っつーのがあるんですねえ(笑)。
30代後半になって年齢不詳というのは、なんかこうエキゾチックな感じがして
いいと思うのですが、いちおーまだ30代前半というくくりの私。
あわよくば、ギリギリ20代ぐらいに見られたいというほのかな期待感(!)が
自分の中にある以上、SUQQUが目指す本当の大人になりきれていないのでしょう。
基礎化粧品や、ベースメイクは、すでにマダム系の域に達してきた私ですが、
ポイントメイクは、あっちへフラフラこっちへフラフラ、とハッキリ言って、
全く地に足がついていない状態なのがなによりの証拠でございます。

若さに対する諦めをがちゃんとついた頃に、またSUQQUカウンターに修行に参ろうと
心に決めた、まだまだ悪あがきの最中の私でございました。

噂の雑誌NIKITAに言わせると、
あなたに必要なのは"若さ"ではなく"テクニック"
らしいんですけど~(爆)
[PR]
by ayanoooo | 2005-02-03 23:39 | cosmetics
SUQQUデビューへの道、最終回のハズだったのですが、ベースメイク編だけで
ものすごい長文になってしまったので、予定を変更いたしまして、
全4回にさせていただきます・・・(笑)。

というわけで、ベースメイク編。
ベースメイクについては、項目別にご説明いたしましょう。

<ファンデーション>

ベースメイクは、リキッド(orクリーム)+パウダーファンデーションコンシーラー
3つの重ね付けというのが大きな特徴です。
厚塗りにはならんかしらと心配だったのですが、心配なんてなーんのその。

リキッドは、まず、顔の面を意識して指でサーッと伸ばし、目の周りやキワは、
つけすぎるとヨレてしまうので、指に残ったリキッドを、軽くたたきこむように
つけるという方法でやって行きます。ふむふむ。

次のパウダーファンデーションは、スポンジに特徴アリ!ルースパウダーの
パフのようにスポンジが起毛(片面のみですが)しているのです。
これで、パウダーをふわーっと顔にのせて出来上がり。
見事に、毛穴という毛穴がカバーされているのがわかる!!
でも、全然、厚塗りにはなっていなくて、マッサージ後の透明感は残ったまんまです。

<コンシーラー>

そして、SUQQUでは、パウダーをつけた"後"にコンシーラーという順番になります。
コンシーラーは、白とベージュの2本使いが基本。そして、塗り方が大胆で面白い!
私は、思わずドラえもんの絵かき歌を思い出してしまったのですが、
鼻の脇から、まさにドラえもんのヒゲを描くように、白の上にベージュを重ねて、
3方向に放射線を描いて行きます。そして、それを指のハラで、きゅーっと伸ばす。
まずは、顔の片側だけやってみたのですが、おっと思うぐらいほっぺたがまた上がった!

もう1つ、なるほどー、と思ったコンシーラー使いは、目元。
目尻のラインに垂直に、また白とベージュを重ねて、伸ばすのですが、これによって
目尻の線を上げて、顔全体がリフトアップしたように見せるというもの。
日本人はタヌキ目が多いので、欧米人に比べると、どうしても、目の周りの肉が
垂れているように見えて、それが顔全体の重心を下に持ってってしまうらしいです・・・。


以上の3ステップで完成した、我がお肌は、まさにポーセリンの陶器肌
もう少し、色白だったら言うことナシなんですが、結婚式の時のメイクばりに、
ピッカピカのお肌で、このまま家に帰るのが惜しいわー、という気持ちでございました。

・・・ってなんかここまで書いて、SUQQUのまわしモノか~、って感じですが(笑)。

続くポイントメイクは、ちょいビミョー・・・な仕上がりになりましたので、次回の怒涛の(?)
最終回をお楽しみに~!!
[PR]
by ayanoooo | 2005-02-02 15:21 | cosmetics
※すごいナイスタイミングで「こすめ日記。」にもSUQQU記事が出てますので、
トラバしまーす。

というわけで、これをやらなきゃSUQQUは始まらんという、顔筋マッサージ

使うクリームは、マッサージしやすいようになのか妙に粘り気があって、
感触としては、ちょっとゆるめな水あめという表現が一番近いかもしれません。
これを、顔全体にたっぷりと塗ったあと、おもむろにBAのお姉様が、
ギュッギュッと顔を押したり引っ張ったりと、11プロセスの動きを
それぞれ3~4回づつ繰り返します。

痛いところはコリのあるところ、ということで、私が痛かったのは、ほっぺた!!!
ギューッとつねられる感じですが、痛い分、毒素が出てるのかな、とちょっと期待♪
しかし、ほっぺたがコッてるって・・・。営業スマイルのしすぎ?(笑)

マッサージ自体は5分ぐらいかかったでしょうか?
慣れれば3分で出来るということなのですが、
自分でやったら、10分ぐらいはゆうにかかってしまいそうです。
が、マッサージを終えた自分の顔を見てびっくり!!
内側からピッカピカに輝いているように透明感を帯びた上、
コッていたというほっぺたが、キュッとあがっているのです!!
まさにリフトアップ効果が絶大。

問題の法令線も、なくなってはいないけれども、浅くなっております。さらにびっくり。
7年前の顔かどうかは・・・。7年前の顔を覚えておらんわい(笑)。
でも、ここに使用前、使用後の写真を載せたくなってしまうほど、
違いが一目でわかるっ!!おーっ。

b0066329_15212097.jpg
友達にも、やったら絶対にマッサージクリーム買っちゃうよー、って言われた通り、
ええ、買ってしまいましたよ、写真の3点を。
マッサージクリーム、クリーム拭き取り用のローション(ブースター効果もあり?)、
そしてDVD付きの解説本でございます。

家に帰って、早速、DVDを見ながらマッサージのおさらいをしようと、
メイクを落としたところ、さらにびっくりなことがありました。
鼻の毛穴がつるんつるんにキレイになっているのです!!
ディープクレンジングみたいなモノを使っても、ここまでは汚れが落ちなかったのに。
思わぬ副産物にすっかり感激しきりの私。

しかし、自分でやるとなるとまだまだ慣れませぬ。
力の入れ方も、手加減してしまうというか・・・・。
それに、これってやっぱり朝やることで、効果が得られるというものなのですしょうが、
忙しい朝に、これを1ラウンドやるというのは、けっこう大変じゃー。
3分で出来ると言っても、その後それを落として、なおかつ拭き取りローション
→普段のお手入れと、プラス10分というとこでしょうか。
朝の10分って簡単に言うけど、はっきり言ってラクじゃなーい・・・。

もう1つの問題は、こめかみや耳の付け根に向かって行くマッサージが多いため、
どうしてもマッサージクリームが髪の根元にたくさんついてしまうのです。
これを落とす作業もけっこう手間。

理想的なステップは、

起床→洗顔→マッサージ→お手入れ→朝シャン→ヘア&メイク

というところなのでしょうか。朝寝坊の私には、とうてい出来ないワザでございますー。
しばらくは、夜続けてみて、慣れきったところで、朝に切り替えてみようかな。
ああ、でも効果がァ・・・。
でも、まあ、美は一日にして成らずと言いますし、続けることに意義があるのでしょう。

ちなみに、丸2日たった今日現在、私の顔は筋肉痛でございます。
顔のコリってやっぱりあるのねえ、と妙に感心してしまいました。
あたくしってば、笑いたくない場面にでも、うへへ、って愛想笑いとかしてるのかしらん。

この後、SUQQUメークへと続くのですが、こちらはさらに次回!長くなってすみませーん。
[PR]
by ayanoooo | 2005-02-01 15:23 | cosmetics
月イチ恒例で東急東横店のAYURAへ。
財政緊縮中につき(笑)、いつものようにコットンだけを購入したあと、
そのままさっさとウチに帰ればよかったのですが、
珍しく店内が割合空いていたので、各ブランドの春の新色など見つつ、
今、ちょうどお仕事でご一緒しようとしているRMKのカウンターを
チェックしに行くことにいたしました。

ところが、RMKはあったはずの場所からなくなっていて(別のフロアに移転)、
代わりに「7年前の顔になる」で最近話題のSUQQUがあるではありませんか。
10月からあるらしいんですけど、いつもAYURAで用事を済ませたら
さっさと帰路についてしまう私なので、全然気が付かなかった!!

近頃、法令線の気になるお年頃になってきた私は、どないすればいいかねえ、と
人に相談するごとに、SUQQUのマッサージがいいよ!と聞いていたのですが、
てっきり新宿伊勢丹にしかないものだと思っていたので、なかなか試せずにおりました。
それがこんな近くにあるとは・・・。灯台元暗しじゃ。

SUQQUのカウンターも、なぜかとても空いておりました。
時間もあるし、ということで噂の顔筋マッサージというのをやってみようではないか、
と早速予約を入れて参りましたー。
予約を取って、再度出直すことに。

効果のほどは・・・・・フッフッフ・・・・(笑)

次回のブログをお楽しみに!!
[PR]
by ayanoooo | 2005-01-30 23:38 | cosmetics