chocoholicで traveloholicで alcoholicなわたしの日常
by ayanoooo
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
everyday living
cafe
gourmet
fashion
interior
magazines
books
cosmetics
travel
current events
NY gourmet
NY shopping
以前の記事
2010年 11月
2010年 09月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
フォロー中のブログ
こすめ日記。( 更新終了)
I LOVE New York
歩々晴天
portagioie
Ieri_Oggi_Do...
さくさん『choice』
ゆかさまの八方美人ブログ
A Girl at th...
--りんごアップルのha...
Olga's diary...
ばーさんがじーさんに作る食卓
simple
ボツちゃんスタジアム
マシマシライフ
puadiary
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
去年読んだ本の中で、おそらく一番面白かった「How Starbucks Saved My Life」。
本屋に行ったら、和訳されていたものが店頭に並んでおりました~!

b0066329_10494031.jpg
タイトルに固有名詞を使うことは回避した模様で、日本語版は「ラテに感謝!」。

ストーリーは、Yaleを出て、アメリカの一大広告代理店であるJ. Walter Thompsonで
重役までやった主人公が、リストラされて、自分の会社を立ち上げるも事業が
うまく行かず、ついには健康保険代まで払えなくなってしまうほどビンボーになり
(オバマ君が国民皆保に取り組んでる様に、アメリカは65歳以下は民間のものだけなので)
63歳になって、一定時間を働くと福利厚生で健保が付与されるスターバックスの
アルバイトとなり、28歳の黒人の女の子の部下として働く、という実話。
日本で言うなら、博報堂の専務とかがリストラにあって、マックで高校生バイトと
一緒に「ポテトも一緒にいかがですか~?」ってやってるのを想像してみてください(笑)。

かなりのジェットコースター的人生が、全部ホントの話っていうのが、この本の面白い
ところであり、ホラーでもあるのですが、私が一番好きなくだりは、スタバの採用面接で、

「今まで、小売関係の仕事をしたことはありますか?」

って聞かれて、いいとこのボンボンである主人公はもちろんアルバイトでも
そんな経験はないのですが、この採用試験に落ちちゃマズい、と思い、JWT時代に
バーガーキングのCM製作をするにあたり、 ちょっとだけ、体験入店をしたことがあることから

「バーガーキングで。」

って答えちゃう、っていうところ(笑)。

あまりのスタバ礼賛ぶりには、ちょっと辟易なところもあるのですが、
それを差し引いても、ものすごいオススメの本でございます。

トム・ハンクスで映画化されるらしいけど、版権代はものすごかったハズ!?
晩年に福が転がり込んで、ちょっとうらやましいぞ(笑)。
[PR]
# by ayanoooo | 2010-11-10 10:53 | books
妊娠中期~授乳中の現在まで、お世話になりまくってるダイアンのワンピース。

毎年、秋冬ものの定番は、なんといってもシルクジャージーの素材であるが、
なにせ授乳中の身、そんなのはもったいなくて着てられん、ということで、
今季は、購入を諦めていた私。が、先日、渋谷西武のダイアンで試着をした型に、
なんと、綿のスウェット素材のものがあるというこの上ない朗報をゲットし、
早速、その商品を、NORDSTROMのサイトで購入!(渋谷西武よ、ごめん)
それが、週末にはるばるアメリカから届いた。

b0066329_1312151.jpg

西武で試着した時から判っていたことではあるが、ナマ足で着こなすには、
ちょいと短い、このスカート丈。サイトでは、レギンスと合わせてあり、
おそらく、その着こなしが正解かと思われるが、ちなみに試着の際は、
店員さんに

「カラータイツか、トレンカと合わせて下さいね~」

とオススメをされた。

去年ぐらいから、「足長効果」ではやりのトレンカであるが、これについては
実に謎が多くて、今だに袖ならぬ、足を通したことがない私。

私の中での解釈、というか、長年刷り込まれている常識では、レギンスはパンツ
(ズボンの方ね)の延長線上にあるもの、そしてタイツはストッキングと同様に
下着である。

それじゃ、タイツから、つま先とかかと部分を切り取ったトレンカは??

今日日の若い女の子は、超ミニの下にトレンカを履いて街中を闊歩してるので、
一般的にはレギンスと同じく、パンツとしての用途と認識されている模様。

しかし、ナマ足を隠す面積は

レギンス<トレンカ<タイツ

である。なんだか腑に落ちない。

なぜ、これほどまでにこだわるか、というと、見るか見ないかは別として、
さきほどの解釈から結論付けると、スカートの中が見えてもいいのがレギンスと
トレンカ。見えちゃマズイのが、タイツということになる。(違う??)

が、トレンカには60デニールほどのタイツと同じくらい素材が薄い商品もあり、
若い女の子の後姿を見ていると(特に階段なんかで)

「それって、タイツとどう違うんだ~~!」

と、叫びたくなるぐらい、本当に本当にドキドキして、目のやり場に困る(笑)。
よって、自分ではどうにもこうにも、手を出す勇気がわかない。
(デニール数の問題かも?)。

あああ、今日の代官山も、若いトレンカ女子のオンパレードであったが、
世の中の人々よ、アレを本当にズボンと同じ仲間とみなしていいのか!?

誰か、私が鼻血を出してしまう前に、この大いなる謎を解決してください。

ちなみに、38歳主婦が、ミニのワンピースにレギンスってどうなのよ、
という突っ込みは、この際抜きで(爆)。
[PR]
# by ayanoooo | 2010-09-27 13:04 | fashion
三連休のヒマをもてあまして・・・・・。

キッチンの奥からガサゴソ・・・とこんなモノを引っ張り出してきて
b0066329_1339941.jpg

こんなモノをつくってみました(笑)。
b0066329_13392479.jpg

ついでに、こんなモノも登場してしまったので
b0066329_13393396.jpg

まっ昼間から、フゴー、すぴー、ZZZZ・・・・となったのは言うまでもなく(爆)!

うぉー、お正月気分が全く抜けてないーーーー!!!
[PR]
# by ayanoooo | 2006-01-08 13:41 | everyday living
皆様~、あっけましておめでとうございまーす♪
当然のことのように、寝正月&呑正月を過ごしたayanooooでございます(爆)。
今年も細々ながら、おバカなネタをupして行きたいと思いますので、よろしくお願いしマース。

えーと、ホントは新春特別企画(笑)「ジン飲み比べ企画」について書こうと思ったのですが、昨日1人で勝手に開催してみたものの、イマイチ盛り上がりに欠けた結果となり(?)、ダンナと一緒にBar Lin再度開催することにいたしました~。来週ぐらいになるかと思いまっす(って誰も、そんなの期待してないって??)。

たまにゃー食い気より色気っつーことで、久々にコスメネタなど・・・。

わたくし、ヒジョーに朝寝坊が激しい人間なため、朝出かける時のメイクが日によってものすごーくバラつきのある女でございます(笑)。時間のない時はベースメイク(これはしっかりやりまっせ~)以外は、まゆ毛、アイライナー、口紅のみ(爆)。時間の余裕がある時には、これにアイシャドーとチークとマスカラが登場しまっす。(余裕がない時は、残りはもちろん会社で。ええ、それがナニか(笑)?)

中でも、アイライナーはちょー必須アイテム!内側の粘膜にインサイドラインをぐいーっと引っ張るので、長年、ブルジョワのフェルトペンタイプのモノを愛用していたのですが、今から2年ほど前、使っていたこげ茶が廃盤になってしまい、現存する黒は私の顔にはちょいと強すぎっつーことで、しばらくアイライナージプシーを余儀なくされておりました。そんな時、結婚式のメイクをお願いした松本由美子さんに「ボビーのジェルアイライナーが絶対に落ちなくていいわよーん」とオススメしていただき、以来、ボビー教に入信してしまったわたくし!

ジェルアイライナーは、リムーバー(ブラシの掃除にも使う。ちなみにこれオイリータイプじゃないのでキモチいい)、アイライナーブラシで3点セットです。インクのつぼのようなモノに固~いペースト状のアイカラーが入っていて、ブラシの先でちょんちょんと取って、手の甲でなじませてからスーッと引っ張るという仕組み。慣れは必要だけど、慣れてしまえば実に簡単。ブラシを毎度洗わなくてはならないっつーのが面倒なだけで(笑)。
b0066329_21324735.jpg
ボビーのブラシは、柄が長いので鏡にぶつかってしまうということを除いては(私は5センチほど切って使用しておりました)何の問題もないのですが、このたび、違うスグレモノのブラシをはからずも発見してしまいました~!それはPaula Dorfのアイトランスフォーマーブラシというもの!ボビーのブラシと違うのは、目のカーブにあわせて、ブラシ自体もゆるーくアーチを描いていて(写真じゃわかりにくいっすね・・・)、まつ毛の間にピタッとジェルが入ってゆくということでありマス。引っ張るというよりは、乗せるっていう感じではありますが、コレ、実に使いやすくってもうボビーのブラシには戻れなひかも~っていうぐらいスグレもの。人口毛だっていうことだけがちょいとひっかかりますが、色もオレンジなのでブラシを掃除した時にジェルの落ちが確認できる(ボビーのは黒い毛なので、よくわかんないのねん・・)のもポイント高し。

わたくしは目の下はペンシルなのでこれは使用しませんが、独特のアーチが、ついでに下まぶたにも使いやすいらしいでし。ボビーのジェルデビューをまだされておらず、なおかつボビーのBAさんの「ブラシも必ず一緒に!」の声を振り切れる方は、是非お試しアーレ!(ああ、やっぱり私に美容記事はむずかしいわ、tanakake20ちゃんよ(笑))
[PR]
# by ayanoooo | 2006-01-04 21:38 | cosmetics
前回のはこちら!!(なんか、概ね今年のと変わらないかも・・・・)
b0066329_19274373.jpg
時間がないので詳しい説明はまたそのうち~(笑)。これから友達が来て朝まで宴会ですが、なにせ質より量な人々オンパレードなので、たぶん2時間ぐらいでカラになることでしょう(爆)!

えーと、今年年始のこちらの企画に引き続き、新年はトニックウォーターではなく「
ジン飲み比べ企画(爆)」を開催いたしまする~(笑)。お楽しみにっ!

では、これから死亡するまで飲むこと必至!みなさまよいお年を~~!!
[PR]
# by ayanoooo | 2005-12-31 19:35 | gourmet
というわけで、おととい予告した通り、本日会社を抜け出してブログ界のセレブリチィーringooapple嬢と、午後の茶会(笑)を繰り広げて参りました!
銀座のバナリパで待ち合わせをして向かった先は、噂のピンクホルスタイン柄(爆)が意味不明なMikimoto Ginza 2ビル。ここにオークウッドの横田シェフのケーキが食べられるカフェがオープンしたということで、早速、乗り込んだ我々でございますー。

不覚にも、前の日の会社の忘年会による二日酔い(しかも、二日酔いの原因が忘年会会場のVacanzaのワインが飲み放題だったっつーしょーもない理由で・・・(爆))で、激しくヨレヨレ状態で現れた私とは対極に、ringooapple嬢は超ステキなCelineのダッフルをさらっと着こなし、BalenciagaのMotorcycle Bagを腕に颯爽と登場!

ringooapple嬢と私は1年ちょっとのお付き合いですが、同じ歳、似たような女子校育ち、おまけに帰国子女で毒舌(笑)ということで、大昔から知ってるよね、私達、みたいな感覚に陥ってしまうのであります。 なので、席についた瞬間からメニューをオーダーするのもそっちのけで、しゃべる、しゃべる!!今回のテーマは「ringooappleの神楽坂セレブライフ(笑)大公開」。お腹がよじれるぐらい面白い神楽坂裏情報をネタに、横田シェフのスイーツを堪能いたしやしたー。私が頼んだのは紅玉リンゴのパイ。温かくてパリパリのパイ生地の中にリンゴがぎっしり、そして上にはカルヴァドスのアイスクリームがのっかてて美味~♪しかーーし、お値段はやはり銀座プライス(涙)。お茶だけで、野口英世博士が3枚ほどお亡くなりあそばされました(爆)。
b0066329_1415926.jpg
ringooapple嬢はもちろん生活そのものにもセンスを感じるのですが、なんと言っても文章にサエを感じずにはいられないのであります。やっぱり人をエンターテイン出来るブログを書けるヒトなのでギャグのセンスももうサイコー。2時間余り、2人で爆笑しっぱなしでありました!

私の中・高時代の仲良しも、ringooapple嬢のようにオモシロくて賢くて(ここがポイント)勢いがある友達が多いのですが、みんな勢い余って仕事で海外に行っちゃったりしてるので、つまんないなーと思っていたところ。もっと前からお知り合いでいたかったですわん。NYに行ってた時もまわりが全員オトコっていう環境で、似たような境遇の女友達がいなくてつまらん、ってずっと思っていたので、つくづく、やっぱり遊ぶのは女の子同士が楽しいぞよ、って実感したのでありました。休眠状態(人のこと言えんが・・・・)のブログを早く再開していただきたいモノでござりま~す。
[PR]
# by ayanoooo | 2005-12-22 23:21 | current events
puaさんの「最近のわたし」にトラックバックでーす。

ああ、また1ヶ月もログを放置してまいました~~。
最近のayanooooは、会社員になって以来の仕事の忙しさでございまして・・・。
それなのに、それなのに、今日の給料日では昨年に引き続き、またもや
「年末調整不足額」がぬぬぬわ~んと、65000円もさっぴかれておりまして(!!)、
今日の気分は

会社なんて辞めてやる~~~!!!

ってなカンジでございます、ぬぬぬ(爆)。

ま、そんな時は、うまいモノを食らふに限りますな(笑)。
明日から連日連夜、ディナーの予定がびっちり~!!
おまけにあさっては、午後休なぞ申請して、ringooapple嬢と「あふたぬーんちぃ
をして参りますよん。ぐふふふ・・・。

三連休あたりから、ブログ復活出来るかなぁ、と。
それまで、がんばって税金でたらふくもってかれた分を、働きたいと思いまーす。
そーすると、余計、税金取られちゃうんですけどォ(爆)。
[PR]
# by ayanoooo | 2005-12-20 22:24 | current events
ここんとこ、くいもんネタばっかですみませぬ(汗)。
ところで、ましさんといえば焼肉ですが、何をかくそう、実は焼鳥フリークのあたくし(笑)。(そういえば、ダンナとの初デートも焼鳥でしたっけ・・・(爆))いっそのこと「焼鳥至上主義」っつーカテゴリでもつくっちゃおうかしらん(笑)。それはさておき、本日、5年越しの念願がかない、浅草の萬鳥まで足を運んでまいりました~。

ここは、浅草のラ・シェーブルというフランス料理店がやっている焼鳥店。もちろんオーソドックスな焼鳥メニューもありますが、こちらの得意とするのがフランス料理の材料として使ううずらや鴨などのジビエ類と、フランスから空輸されてくるというブレス鶏!(写真大きめでっす)
b0066329_064554.jpg
このブレス鶏ってのが、鶏の味が濃ゆ~~く、皮はパリッとしていて、うんんんま~~~い♪♪♪のであります。かなりしっかりと塩がしてあるので、人によって味の好みはあるかもしれませんが、あたくしのような酒飲みにはちょうどよい塩加減。ちゃんとお酒が進むように計算されているのですな。オホホ、お店の思うツボだわ(笑)。ワインの種類も100種以上でどれもボトルはせいぜい3000円とか!本日は、ギネス→ジントニック→グラスワイン2杯と進み、〆にデザートのプリンも食べて5000円ちょいでしたー。CP高すぎっ!!

ここの最寄駅は銀座線の田原町。浅草って確かに気分的に遠いのですが、空き空きの銀座線は必ず座れる上になんと言っても好都合なのが、私は終点の渋谷での乗換えなので、仮に酔っぱらって地下鉄の中で爆睡こいてしまっても渋谷駅で起こしてもらえること(爆)!以前住んでいた小田急線沿線のように、寝過ごして、神奈川の最果てまで行ってしまう心配がないっつーことが、飲むお酒の量にさらに拍車をかけてしまう(?)のでございました~。
[PR]
# by ayanoooo | 2005-11-18 23:35 | gourmet
わたくしインドカレーって大好物なのですが、ハッキリ言って玉ネギがアメ色になるまで、ヘトヘトになりながら炒めるのが面倒~って人(笑)。なので、好きなのにめったに家ではつくりませぬ(中村屋に食べに行った方が早いです(爆))。そんな中、川津幸子さんの100文字レシピという本で紹介されていた「印度の味」カレーペーストなるものをたまたま家の近所のスーパーで発見~!早速購入してチキンカレーをつくってみましたぞい。

b0066329_21453290.jpg作り方は超簡単。鶏肉を炒めて、「印度の味」と水を投入し煮込むだけであっちゅー間に本格カレーが出来るという優れモノ。棚の中をゴソゴソしてみたらSwansonのチキンブロス(これも手抜き料理にはなにかと便利っす)の買いおきがあったので、水の代わりにこちらを投入。20分ほど煮込み、最後にガラムマサラ、チャツネ、生クリームを入れてみたら、うぉぉぉ~、とても下ごしらえ5分(鶏肉を切って塩コショウしただけ)とは思えない、辛くて甘くてマイルドな深~い味わいのカレーがそこに!!!

インスタントのカレーというものを今までバカにしていたわたくしでございますが、こちらの味を知ってしまった以上、いまさら玉ネギを一から炒めることなど到底、ムリというもの(爆)。同じシリーズの「日本の味」「四川の味」とあわせて、兼業主婦の友達へのお歳暮なんかにひとつ、いかがでしょうか~??
[PR]
# by ayanoooo | 2005-11-13 21:50 | gourmet
10月から東京勤務になられたこちらの方と一緒に、中目黒の豚鍋研究室というディープな飲み屋に行ってまいりました~。東横線の高架下にあるこの店。アヤシゲなアルミの扉に、7~8ミリ幅のテプラでジミに「豚鍋研究室」と貼ってある以外は看板ナシ。間違いなくたどり着くためにはゼンリンの住宅地図は必須でーす(笑)。

中目黒の豚鍋と言えば元旦。元旦でよい具合に期待を裏切られたにせよ、相変わらず大して鍋モノには興味をそそられない私でしたが、ここのお店もこれまた大ヒットでございましたっ!!まず、突き出しのサラダからして、ドレッシングが激ウマ!!あたくし好みにイイ感じでニンニクが効いてて、いくらでもおなかに入ってしまい、突出しなのに、思わず「おかわり!」って言いそうにナリ(爆)。特にオススメなのは野菜もの。蒸しキャベツや焼きナスなど、こう、どうっていうことないメニューがいちいちうまいのでありますーー。

b0066329_2237225.jpg肝心の豚鍋(またも写真ボケボケですみませぬ)は、白濁したとんこつ系のダシに豚肉、キャベツ、ネギ、ニラのみ。これにフツーにお醤油をかけて食べるのですが、オソロシイことに一人前なんてすぐにペロリ!んで腹いっぱいになったらシメは五穀米か中華麺。炭水化物は別腹です、私の場合(爆)。

①中目黒、②豚鍋、③野菜料理がうまい、④メニューに値段が載っていない、⑤場所がわかりにくいなど、ことごとくコンセプトが「元旦」に似ていますが、ここは内装が板の間な上(おしりが痛いのが難点)、頭上では東横線のゴォォォォォーーーッ!!!っていう音がするなど、環境は至ってカジュアル(過ぎ?)。元旦がデート向きなのに対し、ここは女の子同士や会社の同僚など、全く「気を遣わなくてすむ」ような人と来るのが正解~♪客単価もたらふく飲んで6000円ぐらいなので、忘年会シーズンに向けて、知っておくとちょいとエバれるお店です。但し、あまり大人数で行くと、遠くの人としゃべろうとしてもお互いの声が聞こえないので、シャウトしすぎで声がかれてしまうかも?二次会がカラオケの場合は要注意です(笑)。
[PR]
# by ayanoooo | 2005-11-08 21:51 | gourmet
久しぶりに歯医者に行って参りました~。私は大人になっても注射と歯医者が大キライで、歯医者のあとには「自分へのごほうび」じゃー、ということでおやつを買います(爆)。そこで、歯医者から歩いて帰ってくる途中に、必ず立ち寄るのがヒルサイドパントリー。お目当てはもっちろん、お店の看板商品である天然酵母クロワッサンでーす!!
b0066329_12495269.jpg
クロワッサンって、こってりしすぎているやつが多いので、そんなに自分から買うパンの種類ではなかったのですが、こちらに遭遇してからというものの、外のパリパリ(っていうよりバリバリッ!ってカンジ?)感と、中のムッチムチ感にあたくしノックアウトされてしまいました~。バターも発酵バターを使っているので、オーブンで暖めるとキッチン中にポワ~ンといい香りがっ!!冷凍もしておけるので、パン好きな友達のおみやげにはもってこいでーす(笑)。クロワッサンの割には、生地がみっしりとしているので、1つで食べ応え十分ナリ。
b0066329_1250495.jpg
ちなみに同じ生地を使った、アップルデニッシュもうまうまで~。両方ともあまりにrichでカロリー過多なパンなので、買いに行くのは歯医者に行った後だけって決めているのですが、このたび虫歯が2本も発見されてしまい、しばらく歯医者通いを余儀なくされてしまった今、毎週これを食べられるかと思うと、しばらくはムフフフ~♪でございます(爆)。余計に虫歯が増えちまうって話ですけど・・・。
[PR]
# by ayanoooo | 2005-11-03 12:50 | gourmet
あーーー、もういつの間にやら11月っ!
大変大変、ごあいさつが遅くなりましたが、アタクシ、1ヶ月前に東京に戻って来ておりますー(笑)。歳のせいか、時差ボケが3週間以上取れなくて、毎日会社から帰って夕食を食べたらパタン、みたいな生活をしておりまして・・・・。ほんでもって、よーやく、ニッポンの会社っていうものにもぼちぼち慣れて来たので、キモチ的にもブログ再開しようっつー余裕が出てき参りましたわん。

えーーと、たまりにたまってるネタですが、しょっぱなから、すっごーーくカンジ悪いのは重々承知の上で、ちょいと自慢モード入らせていただいてもよろしいでしょうか・・・(笑)!?

パームスプリングスで遊んで来たので、最後はロスから乗って帰ってきたのですが、帰りのANA便・・・・・・。な、な、な~んと、ファーストクラスにアップグレードされておりましてェェェェ(嬉)!うひょひょひょーーー♪♪もうayanooooコーフンしすぎて、地に足がついてなかったので、思わず免税店で買ったブツたちを引き取るのを忘れるっていう大失態をおかしちまいました(爆)。あわてて引き返して取りに行ったハズカシイ私・・・。しかも隣は空席(!!)だったので、行きのように、目覚めに知らないオヤジの顔があるということもなく、チョー快適フライトでございましたー。

ファーストクラスで特筆すべきなのは、やっぱりKRUGとキャビア??帰りの旅の友だった最新号のgossip girlを片手にシャンパンとキャビアっつーのも、なんだかなーという組み合わせでしたが(笑)。おまけに写真がボケボケで~(涙)。
b0066329_22425761.jpg
あと、びっくりしたのは、2回目の食事は言わないと来ないっ!レストランのように好きな時間に好きなモノを頼むというシステムで、スッチーのお姉さんに「何かお食事をお持ちしましょうか?」ってメニューを渡されるまで「おなかすいたよー」ってガマンしていたアタクシ。早う言うてくれやい。んでもって、間食は肉うどんとチキンカレー(笑)。炭水化物の取りすぎでケビンにしかられそーな内容・・・・(爆)。

b0066329_22431499.jpgb0066329_2243248.jpg
しっかし、やっぱりファーストクラスとあって、他のお客さんは、セレブリチィ~なカンジのアメリカ人か、超エグゼクチブーなカンジのジャパニーズビジネスマンか、剃毛、アロハシャツに金の喜平のネックレスというわかりやす~いそのスジの方か!タダの小娘(っつー歳でもないが・・・)の私はヒジョーに浮きまくっていたのであります~。

ただ、今回ロス線のファーストに乗って思ったことは、行きにNY便で乗ったANA New Style便のビジネスは限りなくファーストに近いっ!!そう考えると、NY便のファーストはどんなんでしょって、ちょっと興味津々ではありますが、今回、運を使い果たしてしまったので、そんなチャンスは50年後(いくつじゃ?)ぐらいまで巡って来ないと思われ・・・。あとは会社でファーストクラスに乗せてもらえるほどエラくなるか!←ちょー無理っ!
[PR]
# by ayanoooo | 2005-11-01 23:04 | travel
嗚呼、今月はついに、ほとんど更新もせず、明日日本に帰国でーす(爆)。
今月頭のサンフランシスコ出張が大昔のよーな・・・・・。

サンフランシスコ→ナパ→シカゴ→ニューヨークに戻ってバタバタで帰国準備したのち
ただいま、帰国前の最後のdestinationであるパームスプリングスでゴロゴロ中。
確かに9月のパームスプリングスは、完全にオフシーズンなのではありますが
な・な・な・なんと、宿泊客はあたくし1人っつー貸切状態!!!
1人でプール3つを独占しておりま~す(爆)。ヒヒヒヒ・・・・・・・・・(笑)。

この2ヶ月ぐらいのネタ、デジカメにたまりまくっているので、どっからupすりゃー
いいのやらっていう感じですが、とりあえず、帰国後ぼちぼちやっていきたいかと。

それにしても、社会復帰できるのか不安じゃのう、全く。
[PR]
# by ayanoooo | 2005-09-29 16:07 | travel
日曜日から出張でサンフランシスコに来ておりまーす。
NYとの時差もあって、毎晩、パソコンに向かう気力もなくベッドへ直行(笑)。

しっかし、天気はサイコーだし、のんびりしてるし、西海岸バンザーイ!!
明日から2泊、ナパにワインたらふくツアーに行って参りま~す♪♪

更新は・・・・・・。気長にお待ちくださいまし・・・・。

下の写真は、サンフランのオフィスからの眺めでございまする~。
こんな景色ながめてちゃ、ぜーんぜん仕事なんてする気にならないですよねェ・・・(爆)

b0066329_15523481.jpg

[PR]
# by ayanoooo | 2005-09-02 22:46 | travel
ダンナとのNY飲み会報告や、ピチピチ(死語??)女子大生asa-maniaちゃんとの爆笑NYオフ会ネタはおいおいアップするといたしまして、昨晩は、うちに遊びに来ている高校時代の友達と「女2人の夜景ツアー」をやってまいりましたので、その模様を。まずは写真をどーぞー!(若干ブレてますが、これが一番いいカットなもんで)
b0066329_7483165.jpg

NYでの夜景といえばRiver Caféやその付近からのヤツが超有名ですが、ワールドトレードセンターがなくなってしまった今、イマイチ迫力に欠けるのですねぇ・・・、橋はキレイなんですが。んで、私のオススメ&超お手軽夜景スポットは、対岸のQueensからのこちらの眺め。行き方は、地下鉄F線に乗って、Grand Central Stationの次のVernon Blvd.-Jackson St.という駅で下車。そこから川の方向にてくてく歩いて行くと、まもなくこの夜景がバーンと目の前に広がって参りまーす。マンハッタンから1駅5分っていう近さな上に、片道たった2ドル(笑)!オプショナルツアーとかである夜景ツアーに50ドルも払うのがアホらしくなってしまうこと請け合いです。

当然こちらには夜景スポットにつきものの、カポーたちがたくさん存在しております(笑)。そんなムーディーな雰囲気の中、30オンナ2人で「いいね、いいねェ~、みんなを語ってるよー」「あたしたちも、いっちょ語りたいもんだねえ、でもと?」なんてチョー冷めた発言を連発しておりました(爆)!でも、ここはちょっとした公園になってるし、ベンチもあるし、なーにーせー穴場なので、たまたま私たちのようなイヤな観光客がいない限りは、ホントに愛を語りたい方にとってこの上ないシチュエーション。そんなコトをされてみたいアナタ、これからNYの夜景はBrooklynではなくてQueensがオススメでござりますよーん。
[PR]
# by ayanoooo | 2005-08-23 23:53 | travel