chocoholicで traveloholicで alcoholicなわたしの日常
by ayanoooo
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
everyday living
cafe
gourmet
fashion
interior
magazines
books
cosmetics
travel
current events
NY gourmet
NY shopping
以前の記事
2010年 11月
2010年 09月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
フォロー中のブログ
こすめ日記。( 更新終了)
I LOVE New York
歩々晴天
portagioie
Ieri_Oggi_Do...
さくさん『choice』
ゆかさまの八方美人ブログ
A Girl at th...
--りんごアップルのha...
Olga's diary...
ばーさんがじーさんに作る食卓
simple
ボツちゃんスタジアム
マシマシライフ
puadiary
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ペディキュア体験
アメリカの会社で働き始めて気がついたこと。それは、若い女の子からオバちゃんの社員まで、大したメイクをしてなかろうと、全くオシャレでないファッションを身につけていようと、なぜか、みーんなキレイにネイルケアとペディキュアをしているということ!特に、これからのサンダルの季節に、ペディキュアなしで歩くほどみっともないことはないそーで、あわてて私もペディキュアをしてもらいに近所のネイルサロンに行って参りましたー。

こちらには至るところに韓国人経営のネイルサロンがあり、どこも予約ナシでOK!あまりに日常的なもので、日本における一番近いポジショニングはおじさんの床屋ってカンジでしょうか~(笑)。私のアパートから半径100m以内には3軒ものネイルサロンがあり、大体、レジに一番エラそうなおばちゃん経営者みたいな人がいて、お客さんが入ってくると、「○○ちゃ~ん、お客さんよー」みたいな感じで女の子を奥から呼んできます。(こうやって書くと、なんか、銀座のクラブのようだな・・・)

まずは、ネイルカラーがダーーーッと並んでいる棚から自分の好きな色を、勝手に選んで持って行くという仕組み。次に、足元にフットバスとシャワーがついた、リクライニングするイスに座らされ、テキトーに雑誌を渡され、あとはされるがまま(笑)。単にカラーを塗ってくれるだけなのかと思いきや、足のスクラブ→マッサージ→甘皮処理→カラーまで、ペディキュアの料金にぜーんぶ含まれてるんだそうです。

とにかく、やったらと手早い!!まあ、やさしくていねいに・・・というカンジではないので、甘皮を押し上げるところがちょいと痛いときもありますが、出来上がりは全くムラもなく、ピカー☆!塗り終わったあとは、足元と手元から空気がブォォーーーって出てくる長テーブルに座らされて乾くのを待つのみ。自然乾燥じゃないっていうこともかーなりポイント高しです(そういえば、日本でドライ用のテーブルがあるネイルサロンって行ったことないなァ・・・・)。

そして、お値段はコレでなーんと20ドル!!チップは4ドル渡してあげて、それでも日本円で2500円って安くないですか??ちなみに、マニキュアだと、ケアも含んで10ドル(やっぱり床屋並みだ・・・)。もう一つびっくりしたことは、ネイルサロンに男性客がいることもさることながら、おっさんネイリストがいるっていうこと(爆)!!おっさんネイリストに当たってしまったら、なんだかなァという気もいたしますが、わざわざBergdorf GoodmanBuff Spaまで行かなくとも、家の近所の床屋クラスで充分満足~なのでありました。

※ ご披露するほどの足元ではございませんので、写真なしでーす(笑)。
[PR]
by ayanoooo | 2005-06-04 23:52 | everyday living
<< 禁断の果実酒 Cesare Paciotti... >>