chocoholicで traveloholicで alcoholicなわたしの日常
by ayanoooo
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
everyday living
cafe
gourmet
fashion
interior
magazines
books
cosmetics
travel
current events
NY gourmet
NY shopping
以前の記事
2010年 11月
2010年 09月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
フォロー中のブログ
こすめ日記。( 更新終了)
I LOVE New York
歩々晴天
portagioie
Ieri_Oggi_Do...
さくさん『choice』
ゆかさまの八方美人ブログ
A Girl at th...
--りんごアップルのha...
Olga's diary...
ばーさんがじーさんに作る食卓
simple
ボツちゃんスタジアム
マシマシライフ
puadiary
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
乾燥対策!
私が住んでいるのはマンションの1階なのですが、マンションの1階は湿気が出やすいという定説に反し、家の中はカラッカラに乾いております。特にこの時期はホントにひどい。どのくらい乾燥しているかというと、肉まんを食べるためにお皿に入れたしょうゆが(肉まんにしょうゆつけるのって私だけ?)、2時間もするとお皿の中で乾いて、中の塩分が四角く結晶化してるという状態になるぐらい(笑)

というわけで、この時期、うちでは加湿器は欠かせないものとなっております。特に夜中!!お肌やノドの乾燥対策には必需品ですよね。現在フル稼働しているのはこの2台。

b0066329_13525063.jpgb0066329_13534774.jpg
左は、ご存じKAZとノド飴メーカーVICKSとのコラボで生まれた加湿器。お値段も5000円程度と手頃です。これ専用のリフレッシュ液というのが必ず一緒に売られていて、それを入れると、ペパーミントの香りが部屋中に広がってノドや咳にもいいらしい。うーん、さすがVICKSというところなんですが、このリフレッシュ液というのが非常にオイリーな代物で、毎日の加湿器のお掃除がとても大変。私はナシで使っております。
これの特徴は、水と共にを3つまみほど入れるということ。それでないと、蒸気がふんだんに出てこないんですね~。沸点を上げるためなんでしょうか。間違って塩を入れすぎてしまうと、お湯が噴き出して来ちゃうし、入れすぎないと蒸気の量が足りないし、で塩の加減がちょっと難しいです。ただ、水が2リットル以上入るので、持ちはいいですよ~。一晩ギリギリもちます。

右は、今年±0ショップで買った加湿器。深澤直人デザインで有名なあれです。これもKAZのに負けじと入る水の容量が多く、しかも、塩を入れずとも、モクモク・・・と大量の蒸気が出て参ります。つるんとしているフォルムも美しい。色も確か5色あって、オブジェとしてもそれなりの存在感があります。
これの欠点はモーター音がうるさいということ!ウィ~~~ンとものすごい音がして、段々と静かにはなって行くのですが、最初は壊れてる??って思ったほど。もっとも、リビング用にビジュアル重視で買ったものなので、機能は、正直あまり重要ではなかったのですが。

では、毎日KAZのを寝室で使っているのかと言うと、実は逆。確かにKAZの方が静かですし、蒸気も長く持つし、キメ細かいのですが、もう1つの特徴として、KAZのはスチーム式とうたっている通り、蒸気がとっても熱いのです。よって、朝起きると、室内がほとんど温室状態になってしまい、空気がこもっているようにムンって感じがしてちょっと息苦しい。蒸気の温度が室温を凌駕してしまっているのですね(笑)。ドアの隙間は少し開けてあるんですが・・・。その点、気化式の±0の方が蒸気がぬるいので、うまく室温に溶け込んで、目覚めが穏やかな気がします。

そう、ポイントは、スチーム式気化式かという違いなのですね。スチーム式は水を沸騰させて蒸気を放出するのに対し、気化式のは部屋の空気を加湿器に取り込んで、湿度を含ませてから再び外気に送り出すというシステム。ほーっ、勉強になりました。

要するに、私に必要なのは、容量が多い気化式ってやつなのですなあ。さすが、加湿器専門メーカーとあってKAZからちゃんと販売されておりますので、次回はそれをゲットしたいと思っております。って一体、家にいくつ加湿器必要なんだ~ッ、って方々から突っ込みが入りそうですけどねェ(笑) 皆様も、次回加湿器をご購入される際には、是非参考にされてくださいましー。
[PR]
by ayanoooo | 2005-01-20 13:57 | interior
<< gossip girl iittalaのカトラリー >>