chocoholicで traveloholicで alcoholicなわたしの日常
by ayanoooo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
everyday living
cafe
gourmet
fashion
interior
magazines
books
cosmetics
travel
current events
NY gourmet
NY shopping
以前の記事
2010年 11月
2010年 09月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
フォロー中のブログ
こすめ日記。( 更新終了)
I LOVE New York
歩々晴天
portagioie
Ieri_Oggi_Do...
さくさん『choice』
ゆかさまの八方美人ブログ
A Girl at th...
--りんごアップルのha...
Olga's diary...
ばーさんがじーさんに作る食卓
simple
ボツちゃんスタジアム
マシマシライフ
puadiary
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「ラテに感謝!」
去年読んだ本の中で、おそらく一番面白かった「How Starbucks Saved My Life」。
本屋に行ったら、和訳されていたものが店頭に並んでおりました~!

b0066329_10494031.jpg
タイトルに固有名詞を使うことは回避した模様で、日本語版は「ラテに感謝!」。

ストーリーは、Yaleを出て、アメリカの一大広告代理店であるJ. Walter Thompsonで
重役までやった主人公が、リストラされて、自分の会社を立ち上げるも事業が
うまく行かず、ついには健康保険代まで払えなくなってしまうほどビンボーになり
(オバマ君が国民皆保に取り組んでる様に、アメリカは65歳以下は民間のものだけなので)
63歳になって、一定時間を働くと福利厚生で健保が付与されるスターバックスの
アルバイトとなり、28歳の黒人の女の子の部下として働く、という実話。
日本で言うなら、博報堂の専務とかがリストラにあって、マックで高校生バイトと
一緒に「ポテトも一緒にいかがですか~?」ってやってるのを想像してみてください(笑)。

かなりのジェットコースター的人生が、全部ホントの話っていうのが、この本の面白い
ところであり、ホラーでもあるのですが、私が一番好きなくだりは、スタバの採用面接で、

「今まで、小売関係の仕事をしたことはありますか?」

って聞かれて、いいとこのボンボンである主人公はもちろんアルバイトでも
そんな経験はないのですが、この採用試験に落ちちゃマズい、と思い、JWT時代に
バーガーキングのCM製作をするにあたり、 ちょっとだけ、体験入店をしたことがあることから

「バーガーキングで。」

って答えちゃう、っていうところ(笑)。

あまりのスタバ礼賛ぶりには、ちょっと辟易なところもあるのですが、
それを差し引いても、ものすごいオススメの本でございます。

トム・ハンクスで映画化されるらしいけど、版権代はものすごかったハズ!?
晩年に福が転がり込んで、ちょっとうらやましいぞ(笑)。
[PR]
by ayanoooo | 2010-11-10 10:53 | books
トレンカの謎。 >>